ピクシブ百科事典

ケンメリ

けんめり

日産自動車が製造していた4代目「スカイライン」に付けられた渾名。

1972年に「ハコスカ」こと3代目スカイライン(C10型)のフルモデルチェンジによって登場した4代目スカイライン「C110型」の渾名。

ケンメリの愛称は、日産自動車の広告キャンペーン「ケンメリー 愛のスカイライン」から。
若い男女がスカイラインでドライブデートをする、という内容で話題になり、フォークバンド「BUZZ(バズ)」の歌うCMソング『愛と風のように』も大ヒット。
また、テレビCMのロケ地にあったポプラの木は、「ケンとメリーの木」と呼ばれ観光スポットになるなど、当時の日本の若者文化に大きな足跡を残している。
これらのCM効果から、総販売台数は67万台と、スカイライン史上最も売れたモデルとなっている。

一方、第一次オイルショックと排ガス規制の影響で、モータースポーツでの活動は不遇であった。
GT-Rも製造はされたものの、レースに参加することはなく、その製造台数はわずか197台であった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ケンメリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44

コメント