ピクシブ百科事典

コンゴウインコ

こんごういんこ

オウム目インコ科に属する大型の鳥類。漢字表記は「金剛鸚哥」。
目次[非表示]

概要

オウム目インコ科に属する鳥類の内、Ara属、Anodorhynchus属、Cyanopsitta属等の6属に分類される鳥類の名称。大型の色鮮やかな種が多く、全長(85~110cm)の数値で言えばオウム目最大の種を含む。全ての種が新世界(南北アメリカ大陸)産。

特徴

嘴が大きく、尾が長いのが特徴。赤・黄・青・緑などのカラフルな羽色を有する種が多い。
全ての種が植物食であり、ナッツや果実を食べる。下嘴と上嘴をそれぞれ別々に動かす事が出来、堅い木の実も器用に齧って穴を開け、発達した舌で中身をすくい取る。
また、毒性のある木の実も平気で摂食し、解毒とミネラル補給の為に特殊な土を食べる習性がある。

人間との関わり

近年までペットとして人気が高かったが、環境破壊と狩猟が原因で殆どの種が絶滅の危機にあり、法律で保護されている。
また、力が強くいたずらの破壊力も凄まじい上鳴き声が非常にやかましく、経費のかかり方はハンパではないため、安易な購入は絶対に避けるべきである。

余談

一般のイメージではオウムと聞いて思い浮かべる種類が正真正銘のオウムであるキバタンインコである本種である事が多く、本来インコである本種はオウムとしばしば混同される。(Googleの画像検索でも本種が引っかかるほど。オウム目なので仕方ないっちゃ仕方ない話であるが。)

この鳥のモチーフキャラクター

この為、創作作品ではオウムの名前を冠していながら、実際はインコモチーフだったというキャラクターは少なくない。
例を挙げると…

赤と青の二種類が登場。何度も言うが、モチーフはインコだが名前はオウムヤミーである。念のため。
もっとも名前とモチーフが矛盾する例はがあったりするが。

名前はチルチルミチル兄妹(幸せの青い鳥の主人公)+parrot(オウム)に由来するが、デザインはルリコンゴウインコをかなりデフォルメした外見になっている。

また、『宝島』のジョン・シルバーオウムを引き連れていたという逸話からか、現代の海賊像としてオウムが側に描かれる事があるが、大抵この種が『オウム』として描かれる。あと「アラジン」のイアーゴも公式設定上ではオウム扱いだが、どう見てもベニコンゴウインコである。と言ってもオウムなのにインコという名称が付けられた種類も存在しているので、この種に限らずオウムとインコが混同されるのはよくある話のようである。



最後に…しつこいようだが、この鳥はインコである。

主な種類

Ara属

  • アカコンゴウインコ
  • ベニコンゴウインコ
  • ルリコンゴウインコ(メイン画像)
  • ヒワコンゴウインコ
  • アオキコンゴウインコ
  • ミイロコンゴウインコ(絶滅種)

Anodorhynchus属

  • スミレコンゴウインコ

Cyanopsitta属

  • アオコンゴウインコ


関連タグ

インコ オウム

関連記事

親記事

インコ いんこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コンゴウインコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151747

コメント