ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

コンピューターペンシル

こんぴゅーたーぺんしる

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。
目次 [非表示]

概要編集

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』に登場するひみつ道具の一つ。初登場エピソードはTC1巻収録「一生に一度は百点を…」。

コンピュータが頭部についた鉛筆型の道具で、紙に書かれた問題をコンピュータが読み取り、鉛筆が自動的に動いて答えを完璧に記入する。


参考として『ドラえもんのひみつ道具使い方事典2』では、この道具は「エネルギータンク」、「コンピューター」、「問題読み取りアイ」、「重力コントローラー」(重力をコントロールすることで、微妙な動きを作り出して文字を書く装置)、「ペンシル安定機」、「形状安定芯」で構成されており、ペンシル安定機がこの道具を安定させ、問題読み取りアイで問題を読み取り、コンピューターが回答を導き出した後、自動書記システムで(使用者が眠っていたとしても)問題を解いていくと解説されている。ただし作中では、ドラえもんが「問答形式の問題には使用出来ない」と説明している。


作中での活躍編集

のび太が宿題に苦戦している様子を見たドラえもんは、ポケットから「コンピューターペンシル」を取り出し、のび太に手渡して宿題を瞬時に終わらせる。静香の家に遊びに来た際にものび太は静香のパパの仕事をこの道具で「サラサラサラノチョイチョイ」と終わらせてしまった。

一方でジャイアンは「俺も欲しいなぁ…」と羨ましがると、「欲しい物は手に入れるのが俺のやり方さ」と邪悪な笑みを浮かべながら悪巧みをする。


のび太はこの道具を使用し、翌日のテストで百点を取ることを目論むが、ドラえもんから無言で軽蔑されてしまう。当日、テスト用紙を前にしたのび太は良心が痛んだことで、この道具を使用せず実力でテストに臨むことにした。

テスト終了後、のび太はドラえもんに返却し、使わなかったことを褒められるが、いつの間にか消しゴムと組み合わせた偽物にすり替わっていることに気がつく。


そしてテスト返却日。難しいテストだったため全員成績が良くなかったが、何故かジャイアンだけが百点を取っており、周りに自慢していた。そう、偽物とすり替えた犯人はジャイアンだった(いつすり替えたのかは原作では不明だったが、大山版ドラえもんでは、コンピュータペンシルを使おうとするも、ドラえもんに軽蔑されたことを思い出したのび太が思わずコンピュータペンシルを落としたの拾った際にすり替えた)。

それに気づいたのび太は帰り道、ジャイアンに返却を求めるが、彼は「何のことだ?知らないな」としらを切る。帰宅後、ジャイアンは父ちゃん2005年版では母ちゃん)に百点の答案を見せ、父ちゃんは男泣きする。ジャイアンは「父ちゃん、泣くほど嬉しいのかい?」と聞いたが、「いつも落第点のお前が、急に百点取れる訳がないっ。出来の悪いのは仕方がないとして、不正だけはするなと教えてきたはずだぞ!」と、不正を見抜いて怒りを露わにした父ちゃんから折檻を受けてしまう。


その後、ジャイアンは傷だらけの顔で「百点なんかこりごりだい!!」と言いながら、ドラえもんにこの道具を投げ返すのだった。



余談編集

このエピソードの対とも呼べるエピソードに、大山版ドラえもんオリジナルエピソードで「決心ハチマキ」と言うエピソードがある。あちらは、母の日にテストで100点をとって母ちゃんを喜ばせようとするジャイアンの頑張りが見れる感動エピソードとなっており、ジャイアンは(ドラえもんから勉強の集中力を途切れさせないために『決心ハチマキ』と言う道具を借りていたが)自力でテスト勉強をしており、結果的に62点と100点をとることができなかったが、ジャイアンが夜遅くまで勉強をしていたのを見ていた母ちゃんは『100点はとれなくても、武の努力に100点をあげるよ』と言いジャイアンの努力を誉め、ジャイアンも思わず泣いてしまうと言う、コンピューターペンシルのエピソードとは真逆の結末となっている。


大山版アニメに於ける初登場エピソードでは未成年者には不適切なサブリミナルが存在しており(のび太がコンピューターペンシルを使ってノートに答えをスラスラ書き出すシーン)、そのため2012年頃にDVDの自主回収騒動があった。



関連タグ編集

ドラえもん ひみつ道具

関連記事

親記事

ひみつ道具一覧(か行) ひみつどうぐいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1015

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました