ピクシブ百科事典

シンジさん

しんじさん

シンジさんとは、「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公である碇シンジに対する敬称。
目次[非表示]

概要

同シリーズの十年振りの新作である「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」では旧シリーズに比べてシンジの性格は比較的前向きに描かれている。

殊にそれが顕著になったとされるのは、第2作「破」の終盤で、搭乗時にゲンドウを圧倒し、明確な意思の下に神化したエヴァ初号機を駆って、人為的な暴走状態のビーストモードとなった弐号機ですら倒すに及ばなかった第十の使徒を圧倒し無力化する。その上で、使徒に取り込まれてしまった綾波レイを救い出した。
この時、「綾波は綾波しかいない!」「来い!」と叫び、内向的で自己愛に塗れていたそれまでの自身から脱却し、綾波へ愛を素直にぶつけるという男らしい姿を見せ付けた。
力強く、ひたむきに、これまでのキャラクター像をぶち壊す勢いでレイの手を掴むその姿は、直前の初号機の圧倒的な強さと併せて多くの観客に多大なカタルシスと感動を与えた。

『綾波、来い!』 



アニメ版および旧劇場版までの彼を子どもっぽく「シンジくん」と呼ぶのに対し、一部のファンは新劇場版の彼に敬意を込めて「シンジさん」と呼ぶようになった。

pixivでは上記のシーンが描かれたイラストにタグとしてつけられることが多い。

傾向

上記の、神化シーンを描いたイラスト以外にも、劇中でのリア充っぷりをネタにしたものや、DQNっぽく描かれたシンジさんも存在する。
某スレッドによると

  • 全ての雌はシンジさんに見られただけで妊娠する。
  • 全ての男はシンジさんの漢気にあてられ、舎弟にならざるを得ない。
  • KYホモを次回予告の0.3秒前に6号機ごと月までぶっ飛ばす。
  • 新劇場版にイロウルが登場しなかったのは、シンジさんがMAGIを雌豚にしたから。
  • エヴァンゲリオン初号機はシンジさんの力を抑えこむ為の拘束具、生身で闘うとシンジさんの漢気で宇宙が滅ぶ。
  • 劇中のシンジさんは全て残像。シンジさんは使途殲滅も含め、宇宙誕生以前に全て予測し、完結している。
  • ゲッターエンペラーマジンカイザーが主食、ゲームバランスの観点から、スパロボには「シンジさん」というユニットは出せない。
……等やりたい放題である。

余談

そんなシンジさんではあるが、「破」公開直後から「本当にこれは前向きなのか?」と疑問視する声も上がっていた。

その主な理由が「破」終盤のリビルド元と思われる旧TV版第拾九話「男の戰い」である。
この拾九話ではシンジが再びエヴァに乗る決意を固める流れや、覚醒直前のシンジの感情が高まっていく流れが丁寧に描かれており、その格好良さが大きな人気となっていた。
しかし「破」ではそれらの流れがかなり省略されており、前述のようにキャラ崩壊じみた「突然の変貌」として描かれている。
そのため一部の観客からは物足りなさや違和感が語られることとなった。
その他にも

  • 実は覚醒はゲンドウの計画通りであったことが仄めかされる
  • BGM「翼をください」の微妙に現実逃避的な歌詞
  • 初号機がそのままサードインパクトを起こし始めるというどんでん返し
などの不安要素から、
「実はゲンドウの掌で踊らされているだけなのでは」
「旧劇場版のアスカVS量産機のような、『王道展開と見せかけた欝展開』なのでは」
と心配の声が上がることとなる。
残念ながら続編の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」にてその予想はある意味的中し、「Qでも『シンジさん』が見られるのでは」という予想は叶わなかった。
最終章の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」で「シンジさん」が見られることを期待しよう。

関連イラスト

覚醒
覚醒


【破ネタバレ】綾波!手を…来い!!
ARMAGEDDON



関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン 碇シンジ 無敵のシンジ様

pixivに投稿された作品 pixivで「シンジさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 693780

コメント