ピクシブ百科事典

ジェイル・ハウス・ロック

じぇいるはうすろっく

「ジェイル・ハウス・ロック」とは、「ストーンオーシャン」に登場するスタンドである。
目次[非表示]

概要

ジェイル・ハウス・ロック

ミューミュー


【破壊力-なし スピード-C 射程距離-刑務所内の壁 持続力-A 精密動作性-なし 成長性-なし】
本体-ミュッチャー・ミューラー

むき出しの脳味噌と糸で縫われたような体という奇怪な風貌のスタンド。
刑務所内の壁や鉄格子と同化しており、脱獄を企むなどしてスタンドに触れた者に新たな物事を3つまでしか記憶できなくさせる能力を持つ。この能力に「囚われる」と、行動を起こすために4つ以上の事実を記憶しなくてはならない場合、4つ目の情報を記憶した時点で最初の記憶が消去される。記憶を失った対象は忘れた記憶を思い出すために行動の振り出しに戻り、4つ目の行動でまた1番目を忘れるという無限ループに陥ることになる。なお、囚われる以前に得た過去の記憶はなくならない。
また、一度に4つ以上の情報にさらされると、目や耳からの情報を脳が認識して受け入れられないため、4つ目以降の情報は存在しないものとして扱われる。作中では、「銃弾が放たれた」と認識した徐倫が3発目までの弾丸を防御するも、その次の弾丸がエンポリオと彼の持つコンピュータに放たれていたことに気づけなかった。ただし、「自分に向けて3発以上の弾丸が放たれている」等、一つの認識として情報をまとめられる場合にはその限りではない。

あくまで「脱獄犯の認識を操作して捕らえておくためのスタンド」であるためスタンド自体の破壊力は無い。物理攻撃も一応できそうな描写があるが、主に本体が銃によって攻撃する。
本編ではそれを逆手に取られ、「本体の情報をスタンド直接記録することで忘れない」という奇策によって、どうせ自分のことも記憶できないと油断していたところに直接オラオラのラッシュを喰らい、敗北した。

「3つ」だけの生活だ だが記憶を全て失くすより始末が悪い
自分は何をやっても「無駄」だということを…くり返しくり返し体験しそれは身にしみて理解できるわけだからな…

余談

スタンド名の元ネタはエルヴィス・プレスリーの曲名「Jailhouse Rock」。日本でも「監獄ロック」の名で親しまれている。

関連タグ

ストーンオーシャン ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 スタンド ミューミュー ミュッチャー・ミューラー

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェイル・ハウス・ロック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 158075

コメント