2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

パッチ4.5で実装された、ゴールドソーサーのミニゲームのひとつ。
東方伝来のテーブルゲーム「ドマ式麻雀」でCPUおよび他のプレイヤーと対戦することができる。

ルールは日本で親しまれている4人打ち麻雀と全く同じ。
牌の絵柄はオリジナル(筒子ナマズオ索子サボテンダー萬子字牌も独特の書体になっている)だが、設定で一般的な絵柄に変えることもできる。
外部のガチの麻雀ソフトを作っている会社に開発を依頼しているため、そこら辺の無料麻雀ソフトと一切遜色ないクオリティに仕上がっている。

麻雀初心者でも気兼ねなく麻雀が打てるよう、次に捨てるべき牌をコンピューターが提示してくれたり、危険牌と思われる牌に警告の印がついたりといったサポート機能も搭載(オフにもできるため不要な上級者も安心)。
レートや段位といった概念も存在し、もはや単なるミニゲームの域を超えた一つのコンテンツとして十分成り立っており、本編そっちのけで麻雀にのめり込む「光の雀士」が誕生したり、逆に麻雀が実装されたと聞いて14を始めたプロ雀士が現れたりと大きな話題を呼んだ。

実装当初は半荘戦でしか遊べなかったが、パッチ5.4で東風戦も実装され、より手軽に遊べるようになった。

なお、FF14はPC版とPS4版でクロスプレイが可能であるため、当然ドマ式麻雀もクロスプレイで対戦ができる。
それまで麻雀ソフトの中にPCとPS4で互換性を持ったソフトが存在していなかったため、FF14が世界で初めてPCとPS4間で麻雀ができるゲームとなった

ちなみに麻雀を実装した理由は「当初はポーカーを実装する予定だったものの、一部の国ではポーカーそのものがギャンブル扱いで規制が入ってしまうため、世界的に有名かつギャンブルにカウントされない麻雀に白羽の矢が立った」とのこと。

また、スクエニのe-STOREではドマ式麻雀を再現したリアルの麻雀牌も販売されている。
こちらにはゲームには実装されていない花牌も入っており、四聖獣が描かれている。

余談

吉田直樹Pを始めとして開発陣や関係者には麻雀愛好家が多く、年末になると「年忘れ麻雀大会」が開催、生放送でライブ配信される。
2020年版ではニコニコ生放送だけでも来場者が12万人を突破し、話題となった。吉田Pの大チョンボ、指差し確認から派生した「吉田猫」など見所が随所にあったが、当の吉田Pはかなりトラウマを引きずったという。
続く2021年は「暁月のフィナーレ」リリースおよび混雑解消などの諸問題への対応もあってか開催されなかったものの、2022年1月22日に「新春麻雀大会」として開催された。
「結構な長丁場を、おじさん達がジャラジャラ麻雀をやっているだけ」「(罰ゲームを含めて)おじさん達の忘新年会を見せられてるだけ」と言えばそうなのだが、解説を現役プロ雀士兼光の戦士・山田史佳氏が担当。ヒカセン向けにわかりやすい解説が入る為、初心者にも優しい仕様となっている。

ちなみに使用された麻雀牌は前記のドマ式仕様ではなく、通常の麻雀牌で行われた(商品のドマ式麻雀では全自動麻雀卓に組み込むことが出来ないため)。

関連タグ

FF14 麻雀 ドマ
咲-Saki-…咲15周年記念の一環として、FF14とのコラボ漫画が連載。竹井久が部員たちに14を勧める際、「ちょっと面白い麻雀ゲーム」と紹介している。

関連記事

親記事

ドマ どま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ドマ式麻雀」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ドマ式麻雀」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 405

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました