ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ドールズフロントラインに登場する組織。
大型イベント『秩序乱流』において本格的に登場。正規軍の攻勢で劣勢に立たされたグリフィン&クルーガー社の前に立ちふさがった正体不明の敵。
白や銀を基調とした近未来的なデザインであり、正規軍にはない高い機動力を持った人型兵器を持つ。
目的は現時点で不明であり、指揮官を拉致、拷問、監禁し何かを聞き出そうとしている模様。
何らかしらの思想からかE.L.I.Dに対して攻撃を行わないなど、とにかく謎が多い組織である。

関係者

謎の男

現在は音声のみ。
ネイトらを通じて指揮官から情報を聞き出そうとしている。
なお、ネイトに対して情は無い模様。
どうやらペルシカやリコリスとも何らかの関係があるようで…?

ストーリー内での活躍

秩序乱流にて、壊滅状態に陥った指揮官らに追い打ちをかけるかのように登場。「特異点」で本拠地を攻撃され戦力を大幅に削られた鉄血に代わる今後の敵となる勢力。

歴戦の猛者である416やトンプソンをして「化け物」「殺しても死なない」と言わしめ、カリーナも絶望しかけるほどの強大な戦力を保有している。
偏向障壁という特殊なバリアを持ち体力以上の耐久力を持っている。

人形?・兵器

名称備考
ストレリツィ
Strelet
パラデウスの雑兵枠であり、多リンクを組み複数で押し寄せてくる。名前はモスクワ大公国の歩兵隊から
ロデレロ
A broken Rodelero
偏向障壁と装甲を持つパラデウスの高機動型。レーザー攻撃による貫通攻撃を行うため、チャージ中に倒し切りたい。名前はスペインの剣士から
ドッペルゾルドナー
Doppelsöldner
極めて危険なユニット。偏向障壁と装甲だけでなく、榴弾の範囲攻撃を放つパラデウスの重二脚歩行戦車。レーザー攻撃による貫通攻撃を行うため、チャージ中に倒し切りたい。名前は16世紀に存在したドイツの傭兵から。直訳すると2重の傭兵という意味であり、高い報酬と引き換えに危険な場所で戦っていたといわれている。
グラディエーター
Plant
ごつい躯体を持ったパラデウスの主力兵器。電磁パルスで作った電気球を放ってくる。某忍者漫画の技に似てるとか言っちゃいけない。いいね。当たれば当たれば当然痛いうえにデバフも受けてしまう。通称、パラデウスのゴリラ。名前の由来はローマの剣士奴隷から。
ウーラン
90wish/Paradeus/Nyto
(画像一番下)
極めて危険なユニット。偏向障壁と装甲だけでなく、突進をかまして、ダメージだけでなく移動マスまで奪ってくるパラデウスの戦車。それだけでなく、ミサイルでの範囲攻撃を行うため、チャージ中に倒し切りたい。名前はポーランドの槍騎兵から
ガンナーマシンガンらしき兵器を装備したストレリッツの強化版。グラディエーターなどの後方から雲霞のごとく湧いてくるため、適切な対処が必要。
ピクシス埋伏砲台。敵が接近すると円盤状のプレートを急展開、中から砲身のついた本体が出てきて掃射攻撃をしてくる。潜伏中は白いマンホールにしか見えない。名前の由来は工作兵の意。本来は悪戯好きの妖精を表す言葉である。
パトローラ
Walking like a Paradeus
三脚型稼働砲台。通称パラデウスのトライポッド。固い偏向障壁を持ち、機体の下腹部に着いた砲門から攻撃してくる。移動時のジャンプ中が弱点だが、なかなか倒せない強敵。動き方がとある節足動物に酷似しており控えめに言って気持ち悪い。名前の由来は夜警や巡回兵の意。
ネイト(黒)
practice
パラデウスのボス枠であり、大型の射撃武器を用いて襲い掛かってくる。該当項目を参照。
ネイト(白)
白涅托
パラデウスのボス枠であり、大鎌を用いて襲い掛かってくる。黒ネイトの上官らしいが、情は持ち合わせていない。リンク先参照。




























この先ネタバレ注意!







「あいつらを動かしているのは信仰の力だ。」
「たとえ肉体を失っても残るのさ…。」








































その実態

Martydom


パラデウスはカルト宗教として成り立っておりガチガチの軍事勢力ではない。
E.L.I.Dの患者を差別せず、神に近い存在として保護する教義の元活動している一宗教に過ぎない。表向きは…。
しかしそんな宗教にも関わらず、実際正規軍やベオグラード防衛軍に匹敵する軍勢を持っているという不自然な点がある。
ではその兵力はどこから調達しているのか?
信者たちである
パラデウスはE.L.I.Dの治療という名目で信者を集め、彼らを言葉巧みに誘導し兵器改造していたのだ
兵器改造と言っても聞こえが良いものでなく、内臓単位でバラして機械の体に無理やり押し込んでいるだけである。
アビスの黎明卿最悪の下衆もびっくりの悪徳手段である。上述の人型兵器はすべて元人間。病により擦り減った心に付け込まれ、兵器改造を選んだ一般人なのである。
この事実にRO635は戦慄していた。そもそもE.L.I.Dにかかれば後は死を待つのみとなる。苦しみながら死ぬ運命にどうにか抗おうとする人々の目にはパラデウスが正に暗闇に刺した一筋の光のように映っただろう。
そしてさらに驚くべきなのは、その軍勢。
大都市の地下水道を埋め尽くし、いくら殺しても軍勢の勢いが全く衰えないほどの数の兵器及び、兵士を量産。信仰の力は恐ろしい。
もっとひどいことに、この思想に賛同するE.L.I.Dに罹患していない一般人のシンパも多数存在している。彼らはいろいろな都市に潜伏して発起の機会を待っている。実際彼らはベオグラードでとんでもない事をやらかしている。
ちなみにE.L.I.Dに攻撃を仕掛けないのもこの教義や思想が理由である。御神体を攻撃しちゃったら教義に反してしまうからね。
だが兵器になった後は使い捨てである、どっちみち苦しみぬいて死ぬのには変わらない。
もうここまでくるとあの鬼がかわいく見えてくるほどである。
ひどいことに入信した信者の中には年端のいかない子供もいるようだ、彼らの行く先が思いやられる。K曰く、ヒトとしての要素はほぼ残っていないようで、ROには引き金を引くときためらう必要は全くないと言っていた。

余談

上述の兵器たちは、全て兵士関連の名前が付けられている。どれも危険かつ捨て駒のように扱われた兵種であり、それらの名称を選んでいるあたり信者に対するぞんざいな扱いがうかがわれる。

人間メンバー

史上最悪の【お父様】
植物を妄信する狂った研究者
善人を演じ続けるサイコパス

関連タグ

ドールズフロントライン 少女前線
組織 兵器
E.L.I.D・・・神聖視している、まあこの組織にとっては使い捨て式の兵力でしかないが。
ラフム・・・人間が素体、悪意を持つ、人類にとって脅威となる点で共通している。
どっかの黎明卿・・・人間を使って非道な行いをしていた。彼は曲がりなりにも人類に貢献していたが、こちらは害しかない。
吐き気を催す邪悪
宗教 カルト
レユニオン・ムーブメント・・・同じく病気の患者を擁護している。敵組織であることは共通だが、こちらは兵士に人権があるという大きな違いがある。

関連記事

親記事

ドールズフロントラインに登場する組織・団体・人物一覧 どーるずふろんとらいんにとうじょうするそしきだんたいじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「パラデウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22836

コメント