ピクシブ百科事典

パワーショベルに乗ろう!!

ぱわーしょべるにのろう

「パワーショベルに乗ろう!!」はタイトーが1999年に販売したパワーショベル運転シミュレーションゲーム。
目次[非表示]

概要

「パワーショベルに乗ろう!!」はタイトー1999年に販売した業務用パワーショベル運転シミュレーションゲーム建設機械メーカーのコマツが協力しており、登場する油圧ショベルもコマツの「PC30MR」、「PC100」、「PC1100」である。
大型専用筐体に2本のレバーと2つのペダルが付いており、操作系はJIS方式と呼ばれる実際の油圧ショベルの操作系に準拠している。

ただし「現場王」モードこそ実践的な内容であるが、「バイト王」モードはイライラ棒があったり、ライスの乗った皿に注文通りの辛さのカレールーをすくって注いだり、巨大なボールを打ってひな壇の巨大こけし射的のように倒したりと、実にフランクな内容となっている。。

2000年プレイステーションに移植され、2002年SIMPLEシリーズの「THE パワーショベル」として改めて発売されている。海外版も2001年アクレイム・エンタテインメントより「Power Shovel」のタイトルで発売されている。

余談

  • ナビゲーター役のキャラクター「カントクくん」の声は永井一郎が充てている。
  • 続編として「現場でガンガン」というクレーン車などの他の建機も使用でき、ポケットステーションにも対応予定だったゲームがロケテストされているが、開発中止となっている。

CM動画


関連タグ

タイトー コマツ KOMATSU シミュレーションゲーム
パワーショベル 油圧ショベル ショベルカー

コメント