ピクシブ百科事典

ヒス

ひす

『宇宙戦艦ヤマト』及び『宇宙戦艦ヤマト2199』に登場する、ガミラス帝国のキャラクター(禿げてる方の人)。帝国副総統としてデスラーを補佐する。オリジナル版とリメイク版では最後の結末が異なるキャラクターでもある。
目次[非表示]

もしかして→ヒステリーの略

概要

 『宇宙戦艦ヤマト』及び、リメイク作品『宇宙戦艦ヤマト2199』の登場するガミラス陣営のキャラクター。双方の作品において、どちらも帝国の副総統の地位に就いているものの、リメイク版においては内政における専門分野出身とされている。帝国における2番目に権力のある地位だが、威厳はデスラーの陰に隠れて殆ど感じられず、デスラーのご機嫌取り等の姿勢を取るのは、オリジナル・リメイク共に同じである。が、彼の結末は大きく異なる。
 作品中では重要人物の一人に数えられる。

経歴

オリジナル版

CV:山下啓介
 ガミラス本星において大ガミラス帝国総統デスラーの傍らに付き従っており、恐らくは内政の総責任者的な立場にあると思われる人物。服装は将軍と同じ緑色の軍服と黒いマントを着用する場合もあれば、茶色の制服を着用する事もある。
 常にデスラーの顔色を窺い、腰巾着の様にも見える場面も多く、ご機嫌を取ろうとして空振りする事もある。例えば、波動砲「ピストルの様な物」と評して過小評価するもデスラーの感銘は得られず、ガス生命体が無力化された時には「祝電を送りましょうか」と言って「きみは馬鹿かね」と返されてしまう。
 それでも真っ当な意見を述べているシーンも見られ、実際には忠誠心も篤く現実的な判断が出来るかなり有能な人物であると思われる。因みに宇宙の狼ことドメルに対する軍事法廷の裁判官役をこなしたのも彼である。
 上記の様に腰ぎんちゃくの様な姿勢を取るものの、真っ当な思考は持っており、デスラーのなりふり構わぬ本土決戦の様子には付いていけずに呆然とすることとなる。本星での決戦で敗北が決定的になった折、ヤマトに対する和睦を提案するという現実的な提案をしたが為に、デスラーにその場で銃殺されてしまう。

リメイク版

CV:秋元羊介
レドフ・ヒスというフルネームが設定される。
大ガミラス帝星副総統(元ネタは、ナチス副総統のルドルフ・ヘスと思われる)。
お飾りの副総統などと言われている、が無能ではなく行政面から支えている人物。
リメイク版での詳細はレドフ・ヒスで。

関連タグ

宇宙戦艦ヤマト 宇宙戦艦ヤマト2199 ガミラス デスラー

関連記事

親記事

ガミラス がみらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9333

コメント