ピクシブ百科事典

ヘルシータイガー

へるしーたいがー

ヘルシータイガーは、秘密結社鷹の爪団が開発した怪人、デラックスファイターの天敵である。
目次[非表示]

概要

秘密結社鷹の爪NEO第24話「まじめに怪人づくり」で登場した怪人で、鷹の爪団史上最強の怪人と呼ばれている。

今まで自分たちが作ってきた怪人が、一芸に秀で過ぎたために他の部分で使い物にならなかったり、コンセプトからしてダメだったことに気付いた鷹の爪団は、博士からの助言を受けながら慎重にコンセプトを練り上げていった。こうして生まれたのが攻守ともに優れ、鷹の爪団に忠実な腰の低さを持つ怪人ヘルシータイガーが生まれた。
その能力は、古代ローマ時代のものを思わせる鎧でデラックスボンバーを跳ね返し、強靭な腕力でデラックスファイターを袋叩きにした。

デラックスファイターが大泣きしてもやめず視聴者や鷹の爪団がドン引きし、総統が止めに入るほどに…。

あまりに惨めな敗北をさらしたデラックスファイターはそれがトラウマとなり、鷹の爪団も協力したセラピーで復帰するまで、ヒーロー活動を停止するまでい追いやられてしまった。

その後、思わぬ方向に

鷹の爪NEOのラストで、世界征服を狙うゴールデンアイ工業の社長、九条晋平がレオナルド博士を脅迫して、ヘルシータイガー10万体を量産して世界征服に乗り出した。
九条が鷹の爪団の名を騙っていたため濡れ衣を着せられた鷹の爪団だったが、彼らの無実を信じるデラックスファイターと大家さんは敵の本拠地に乗り込み救出を試みる。しかし、そこにヘルシータイガーが立ち塞がり、「ヘルシータイガーさん!」と叫んで怯えるでデラックスファイターは何もできずに九条に捕まってしまった。

その後、大家さんが総統にキスした際、吉田とフィリップ、デラックスファイターだけでなく、偽デラックスファイターやヘルシータイガーまでも吐いており、「ロボットまで吐くのかよ!」と突っ込まれた(その後でフィリップの撮ったシーンを見た総理大臣と秘書官も吐いた)。

ヘルシータイガーをはじめとする九条の軍団を操作するアプリで活動を停止させたため、ヘルシータイガーはデラックスファイターが倒せなかった唯一の鷹の爪団怪人ということになる。

NEO以降のヘルシータイガーの扱い

こうして、デラックスファイターのトラウマ怪人として、鷹の爪団にとってはまさに最高最強の戦力になるかと思われたヘルシータイガーであったが、その後のシリーズにおいて、度々鷹の爪団員の間でネタとして上がったり、『デラックスファイターを確実に倒せる対抗策』のひとつとして出される事こそあるも、「デラックスファイターが無惨に負けて、泣き喚く姿があまり気の毒過ぎるから」という総統の同情心から、ヘルシータイガーは半ば封印作品扱いされ、自主規制してしまっている状態にある。

鷹の爪GT第22話では、どうにかデラックスファイターにトラウマを与えない程度に加減しながらも倒せる様に考慮された『最新型ヘルシータイガー』が登場。
リモコンで、強さ調整機能、強・中・弱の三段階(『強』モードで元来のヘルシータイガー同様にデラックスファイターを圧倒し、『中』モードでようやく互角に渡り合える程度)や、自然に強弱を付ける揺らぎ機能、自動で戦いを止めるおやすみタイマー、首振りといった扇風機のような機能を装備している。

この機能を使って、ようやく鷹の爪団にとってもデラックスファイターにとっても理想的な形で戦いを繰り広げ、やはりその強さでデラックスファイターを追い込むが、新機能を色々試していていた鷹の爪団がおやすみタイマーを使った結果、とどめを刺す直前で停止してしまい、その隙をついたデラックスファイターにデラックスボンバーを叩き込まれ、初の黒星(?)となってしまった。

関連タグ

怪人 デラックスファイター みんなのトラウマ

関連記事

親記事

秘密結社鷹の爪 ひみつけっしゃたかのつめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘルシータイガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 407

コメント