ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ペイルライダーDⅡ

ぺいるらいだーでぃーつー

ペイルライダーDⅡは、Web企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場するティターンズのモビルスーツ(MS)。
目次 [非表示]

「相手に止まる気はない!」


機体データ

型式番号RX-80PR-4
所属ティターンズ
開発地球連邦軍オーガスタ基地
生産形態評価試験機
頭長高18.0m
本体重量43.7t
全備重量56.7t
装甲材質ルナ・チタニウム合金
固定武装頭部バルカン砲×2、ビーム・サーベル/ビーム・ジャベリン×2
携行武装ハイパー・ビーム・ライフル、シェキナー、シールド

概要

型式番号RX-80PR-4

Web企画『アナハイム・ラボラトリー・ログ』に登場。


ペイルライダー・デュラハンの流れを汲むモビルスーツ(MS)。

ファーストロットのパーツを使い潰したことで地球連邦軍の手から実機が消失していたペイルライダー系列だったが、HADESを抜きにしても一年戦争中に開発されたMSの中でも最高峰の部類に入る機体性能に目を付けたティターンズの手によって、ベースとなったジム・スナイパーⅡから新たにセカンドロットとしてパーツを用意し復元され、宇宙世紀0084年に次期主力機としての評価試験が行われた。


復元および近代化改修作業は、原型機の開発も手掛けたオーガスタ基地の技術陣によって行われた。センサーなどのアビオニクスやスラスター周りに改修が加えられ、コックピットにはリニア・シートが採用されるとともに、機体の大部分はティターンズ・カラーと言われる濃紺1色に塗られている。

外見や装備は、過去にトラヴィス・カークランド中尉に奪取された増加装甲仕様のペイルライダー・キャバルリーとほぼ同一だが、額のV字アンテナは取り払われており、3対あったランドセルのスラスターは2対に減らされ、増加プロペラントタンクも装備されていない。


実戦参加記録としては、ティターンズ第7小隊に実戦データ収集のため配備されていた機体がジム・スナイパーⅡとジム・クゥエルと共に、月面グラナダ近傍で生じたアクシズのMS小隊との戦闘に参加した事例が知られる。

この戦闘においてはリカルドアンディの駆るドワス改高機動型ガルバルディαによって少々てこずりはしたが易々と撃破されている。


機体の性能は最高レベルではあったが、相手が悪かった。

「モビルスーツの性能差が〜」とは言い得て妙である。

…果たして言ったのか。


とはいえ、機体性能そのものはジム・クゥエルを凌ぐ完成度の高さであり、それを惜しんだティターンズ上層部の根強い力添えがあったのか、少数ながらロールアウトされることとなり、結成初期のティターンズによって運用された。


宇宙世紀0087年が舞台の漫画『機動戦士ガンダムウェアヴォルフ』では、ティターンズ所属のペガサス級強襲揚陸艦「ヘカーテ」に予備機を含む3機が搭載されている。


武装

ペイルライダー・キャバルリーに準じる。


ガンプラ

1/144スケールにおいて、ペイルライダー・キャバルリーの仕様変更品としてHGUCキットがプレミアムバンダイ限定で発売されている。


関連項目

アナハイム・ラボラトリー・ログ 機動戦士ガンダムウェアヴォルフ

ペイルライダー ペイルライダー・キャバルリー ペイルライダー・デュラハン

関連記事

親記事

ペイルライダー・デュラハン ぺいるらいだーでゅらはん

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10629

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました