ピクシブ百科事典

ボックリン

ぼっくりん

ボックリンとは、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドに登場するコログ族のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

木の精霊であるコログ族音楽家
精霊であるため、通常のハイリア人などには見えない。

ずんぐりとした大きく太めの木の姿をしており、顔にはブレスオブザワイルドの他のコログ族と同じように、葉っぱのお面をつけている。
性別は不明であり、一人称は「ボクちん」
とても陽気且つ呑気で裏表のない性格。
「キュン」「キュルン」が口癖である模様。

本編では魔物に愛用のマラカスを奪われてしまい、演奏が出来なくて困ってる所にリンクと出会う。

取り返してあげると、コログ族の子供たちに奪われた「コログのミ」を一定数と引き換えに、剣・弓・盾のポーチの枠を増やしてくれるようになる。

なお、ポーチを増やす際、マラカスを使った非常にテンションが高いダンスを踊ってくれる。
「イーヤッハァ!(ポンポロポン…ポロロロン…)ウ~…ハァ!(パァン!)」「タン タララ ラ~~ン!」

ポーチの枠を増やしていく度にコログのミの要求数が増えていき、最終的には一回で55個もの量を要求してくる。
(とはいえ、コログは世界中に合計で900個点在しているうえ、ポーチ全開放にはその半分くらいでいいので、気長に集めよう)

その状態のボックリンを、皮肉と愛憎を込めて、巷では「ボッタクリン」「ポックリン」なんて呼ばれることも。

なお所持しているマラカスは二歳の頃から使っているとのこと。

後のシリーズにて奇跡を起こす。

厄災の黙示録

なんとプレイアブルキャラクターとして登場。
登場することは事前告知されていたものの、まさかのプレイアブルであったため多くのプレイヤーを驚かせた。
ただ後にもっと意外なキャラが参戦することが判明するが。

3章のコログの森解放戦の途中から使用可能になる。コログの森に魔物が出現したことで村に帰れなくなってしまい、そこへマスターソードを求めてやって来たリンク達と遭遇し、道案内のため同行することになる。
その後のストーリーには大きく関与しないが、厄災ガノンとの最終決戦には参戦している。また英傑が神獣に閉じ込められ一時使用できなくなる展開では、選択次第でボックリンでカースガノンに挑むというシチュエーションになることもある。

武器はマラカス。キャラクターアクションでコログを召喚し一緒に戦ってくれる。その光景はさながらピクミンのようである。ボックリン自身の攻撃速度はやや遅く、攻撃範囲もそれほど広くないため、常にコログがいる状態だと戦いやすい。
ザコ掃討力はそれなりだが、ウィークポイントゲージを削りづらいという致命的な欠陥を抱えており、性能ではダントツの最弱とされている。

関連タグ

ゼルダの伝説 時のオカリナ 風のタクト ブレスオブザワイルド カッシーワ←音楽繋がり

関連記事

親記事

ブレスオブザワイルド ぶれすおぶざわいるど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ボックリン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157772

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました