ピクシブ百科事典

コログ族

ころぐぞく

コログ族とは、『ゼルダの伝説』シリーズに登場する架空の種族。
目次[非表示]

概要

森の島に生息する種族で、生みの親はデクの樹サマ。初登場は『風のタクト』から。
元は『時のオカリナ』に登場するコキリ族で、海の世界に適応するために変化したのが今のコログ族とされる。

ハイリア人と変わりない姿であったコキリ族とは違い、木(ガジュマルなどが近い)のような姿になっている。
迷彩のような体表を持ち、大抵は体が小さく、手足や頭部の突起は枝のようになっている。
顔に付けた仮面のような木の葉が唯一の衣装であり、身につけている葉っぱには色や形、イチョウや紅葉など、それぞれの個性がある。
体重はとても軽いようで、デクの葉を使って滞空することも可能である。森の樹と呼ばれる特別な木のタネを大海原の島々に届けて、世界各地の自然を回復させる儀式を年に一度行なっている。
コログ族の名前付きのキャラクターの名前は、ほぼ全て実在する木から肖っている。

ブレスオブザワイルド

ヤハハァ!


こちらは「コログの森」と呼ばれる場所で生活している。また、世界各地にも隠れており、彼らを探し出すのが隠し要素の一つともなっている。
基本的な外見やデクの樹サマから生まれたという設定に変わりはないが、ボックリンという新キャラクターが登場する。
本作ではこのコログの森にマスターソードが保管されている。

各地のコログを探し出して発見すると、「コログのミ」を貰う事が出来る。これをボックリンの元に持っていくと、一定数と引き換えに装備ポーチの枠を増やしてもらえる。

ちなみにこのコログのミ、名前からして木の実のようだが、「コログの(≠実)」「ちょっと臭う」「大きな声では言えない(byボックリン)」…おそらくアレである。

広大なフィールドに隠れているコログの総数は900体と途方もない数。一日一個であればリアル時間で2年数ヶ月以上は掛かる。
ただし、ポーチの拡張だけなら900個全て集めなくても終わらせることは可能である。
なお、コンプリートするとボックリンから「ボックリンのミ」をもらえるが、見た目が紛うことなくアレな上に「かなり臭う…」という説明がある。

石をどかす、窪みにハメる、光や花を追いかける、サークルを完成させる、高い所に登る、風船やドングリを破壊するなど、ちょっとしたお題をクリアすることによって姿を現す。祠の周辺や集落などにも隠れている。
冒険中に何かしら違和感を覚えた所はマークしておいたり、余裕があるときには地域をじっくり観察したりしておけばそれなりに見つけられるようになっている。

精霊であるためか、「お前絶対燃え尽きるだろ!」とツッコミを入れたくなるような火山地帯(一応森からそれほど離れてはいないが)、地面に落ちた肉をも凍らせる雪原地帯、挙げ句はガーディアンがうじゃうじゃ居るハイラル城内外にも「とりあえず置いとけ」と言わんばかりにお構いなしに隠れている。

探している側がたとえ火達磨になろうが雪山で遭難しようが四方八方からレーザーで滅多打ちにされて瀕死になろうが、本人たちにとってはただのかくれんぼである。

公式もさすがに難しいと思ったのか、DLC第一弾にて、着けると隠れコログに反応する「コログのお面」が実装された。
ちなみにクリア後にマップに表示される「達成度」には、コログの発見数も関係してくる。100%を確実に達成するなら、コログのお面は必須アイテムといえるだろう。

関連タグ

ゼルダの伝説 ゼルダの伝説シリーズ
ゾーラ ゴロン ゲルド族 シーカー族 リト族 キュイ族

ボックリンマコレ:コログ関係者

オトモアイルー:コログ族になりきれる装備がある。

関連記事

親記事

ゼルダの伝説のキャラクター一覧 ぜるだのでんせつのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コログ族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 670800

コメント