ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

クレしん番外編のひとつ。単行本45巻~48巻まで連載された。
現代に蘇った吸骨鬼とバンパイアハンターの戦いに野原一家が巻き込まれていくという内容。

登場人物


バンパイアハンター
―古津光度良
春日部ミュージアムの女性警備員。居合の達人で煮干しが好物で常に煮干しを食べていないとイライラする程。その為吸骨鬼の因子を持っていたため途中で捕らえられて吸骨鬼にされてしまうがしんのすけが口移しで大量の煮干しを食べさせたことで正気を取り戻す。しかし、自身の肉体が半分吸骨鬼になってしまったため自害しようとしたが謎尾教授から自身がかつてキングを倒したウエズリー王国最強の騎士、マッスル・クロウの子孫だったことを知らされる。こうして野原一家の激励もあり立ち直った後は吸骨鬼の生き残りたちを退治するために謎尾や教え子たちとともに旅立っていった。

―謎尾探
吸骨鬼を研究している大学教授。その知識を生かし吸骨鬼への対抗手段を見出したりボーンレス症候群になった人々を救う方法を皆に知らせた。

フー子
ケン
コオ
謎尾の教え子たち。ヘビースモーカーの女子がフー子、ガリガリの男性がケン、太めの体系なゲーマーがコオである。3人合わせると「不健康」になるように不健康そうな見た目をしている。途中でボーンレス症候群が吸骨鬼の仕業あることを伝え、彼らを救うためのワクチンの開発にも携わった。

吸骨鬼
―ボーン・キング
吸骨鬼の王。何故か関西弁で話す。かつてウエズリー王国に侵攻した際王国最強の騎士、マッスル・クロウに倒された後封印されていたが、彼の子孫で会ったボンボーン卿が自宅で発見した古文書をもとに復活させられる。
武器は指から放たれるボーン・フィンガー・ピストルに加え、体の一部を切断されても強化された状態で再生できる強靭な生命力を持つ。
復活後はホワイトハウスを襲撃し、大統領を監視下に置きそこを拠点に世界征服のために動き始める。
大統領たちの命と引き換えに生贄を用意させ、ハンターたちが動き始めると炭酸飲料の生産をストップさせ、さらにはCIAを味方につけて彼らの動きを探らせて良を捕らえて吸骨鬼にすることに成功するが怒ったしんのすけが彼の愛用のストローを白に食べさせてしまったことに激怒、しんのすけを抹殺しようとしたがストローを食べたことでパワーアップしたシロに圧倒され、さらにはしんのすけによって正気を取りもどした良に首をはねられて倒された。

―ウイスキー・ボンボーン卿
キングの子孫。カルシウムのサプリメントを常に大量摂取していたことから自身がキングの子孫だと自覚していた模様。吸骨鬼となった後は世界征服のためにキングと行動を共にしており、途中から大統領の監視するように指示されたためホワイトハウスに残ったが、吸骨鬼の弱点を知られた後はソーダウォーターガンで退治された。

―ナタリー
ハリウッド女優。元々はキングへの生贄として拉致されてきたが、フライドチキンを骨ごと食べていたため吸骨鬼の因子を持っていたとして吸骨鬼にされ、キングの愛人になる。
キングとハンターの最終決戦の後も生き残り、身籠っていたキング・ジュニアと共にいつか必ず世界を支配して見せると誓った。

―キッド
空手道場に通っていた少年。キングの命を受け日本でボーン・ブレイドを奪おうとしたがしんのすけに「ものすごいちょー炭酸ジュース」を浴びせられ、良に対し「俺たちと同じ匂いがする」と言い残し消滅した。

その他の人物
―マッスル・クロウ
ウエズリー王国最強の騎士。ボーン・ブレイドでキングを倒し、吸骨鬼を滅亡させた。

―大統領
キングに「アメリカ国民全員をボーンレス症候群にする」と脅され、やむなくキングに従う。

用語集

―吸骨鬼
数百年前、ウエズリー王国に侵攻してきた魔物たち。その名の通り人間の骨を食料とする。その際にはストローを使用するが、理由としてはキング曰く吸血鬼みたいにじかに吸うのは下品というのとストローを用いることで味がまろやかになるとのこと。
吸血鬼になる条件としてはカルシウムを過剰摂取していることのようで、フライドチキンを骨ごと食べる、カルシウムのサプリメントを大量に飲んでいるという行動が当てはまる模様。
弱点は炭酸飲料で、これを浴びると溶けてしまう。これはウエットスーツなどで対策できるが、他にもバイトや草むしり、ローンなど嫌なことや面倒なこと、いわゆる骨の折れるフレーズを聞くと骨が折れてしまう。

―ボーン・ブレイド
人間国宝カッタナ・ツクリテーナの最高傑作と言われる剣。金、銀、鉄(鉄分)の他にミネラル、カルシウムなど栄養バランスがとれた剣であるためボーン・キングを倒せたのだという。

―ボーンレス症候群
吸血鬼に骨を吸われた者が発症する。全身の骨がなくなりまともに動くことができなくなる。おまけに発症後はどんなにカルシウムを摂取してもペロリ菌が残っている限り骨が形成されなくなってしまうという厄介なもの。しかし、フー子がキングの体液を採集したことでワクチンが完成し、発症者たちは救われたと思われる。

―ペロリ菌
吸骨鬼の唾液に含まれる菌。これが体内のカルシウムを食いつぶしてしまうためどんなにカルシウムを摂取しても骨が形成されなくなる。おまけに雑魚の体液ではワクチンを作れなかったためワクチンを作るにはキングの体液が必要になる。

関連タグ

クレヨンしんちゃん
クレしん番外編

関連記事

親記事

クレしん番外編 くれしんばんがいへん

兄弟記事

コメント