ピクシブ百科事典

マリオペイント

まりおぺいんと

スーパーファミコンマウス専用のペイントソフト。
目次[非表示]

ゲーム内容

1992年7月14日、任天堂から発売されたスーパーファミコンマウス専用のペイントソフト。初のマウス対応ゲームでもある。
ゲーム自体の容量の問題からか使用できる色数が少なく、ズーム機能などがないなど、(当時の)パソコンのペイントソフトと比べても使いにくさが目立つ。反面、ロムカートリッジなだけあって起動が速く、手軽にお絵かきを楽しめるという利点もある。ただし、お絵描きのセーブには時間がかかり、ロードではセーブほどではないが時間がかかる。
他にも塗り絵、アニメーション、作曲機能も内蔵している。

蝿叩き

作中に存在しているミニゲーム。全3ステージとなっており、3ステージをクリアする度により難しくなっていく。100匹倒すとボス蝿が現れる。本来はマウス操作に慣れる為のものである。

たまに降りてくる点滅する手をハエたたきで叩くと1UPする。最大6機まで。

ちなみに蝿はほっとくと弾を売ってくる蝿や、撃墜不可能な超小型蝿をばらまいてくるのがいるので油断できない。何故かボム兵の蝿もいる。蝿の攻撃を食らうとハエたたきを持つ手が悲痛な断末魔をあげてミスになる。

GBA版メイドインワリオにもミニゲームとして移植されている(メイドインワリオのGC移植版には収録されていない)。
カーソル移動が十字キーに変更、3面の雑魚蝿やボスのボイスがカットされている等、様々な変更点がある。Bボタンを押しながらだとハエたたきの移動スピードが上がる。
実は1周目はマリオペイント版より難易度が低い。2周目でマリオペイントの1周目と同等になる。
スーパーマリオメーカーにも隠し要素として存在するが、マリオペイントのものとは少し異なる。

余談

当時、スーパーファミコンにはプリンターといった外部出力機器が無かった為に作品の記録はカートリッジにセーブするしかなく、しかも一つしか記録できなかった。その為にビデオデッキでビデオテープに記録するとかビデオプリンターで印刷するぐらいしか手段が無かったのである。なお、現在ではPCにお絵描きを取り込んで画像として記録する手段がある。

ペンは「小」「中」「大」しかないが、スタンプ作成機能で1ドットだけのものを作ると極細の線が書けるテクニックがある。

有志によって作曲機能を再現した「マリオシーケンサ」が存在する。

資料動画

コマーシャル


店頭用ビデオ


公式ビデオ


関連タグ

ペイント ペイントツール ドット絵 レトロゲーム アッフン
マリオとワリオ - これもスーパーファミコンマウス専用ソフト。 
メイドイン俺 - 作成ツールがマリオペイントの発展系。
スーパーマリオメーカー - ステージエディットがマリオペイントのシステムの応用。

pixivに投稿された作品 pixivで「マリオペイント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239866

コメント