ピクシブ百科事典

リングシャドー

りんぐしゃどー

リングシャドーとは、『烈車戦隊トッキュウジャー』に登場するシャドー怪人である。(イラスト右2コマの怪人)
目次[非表示]

「名前でガッチリ支配してる所が素敵でしょ?もう毎日人間たちはビクビク~!お互いにもう名前も呼べな~い♥」
(ザラムに対して)「つーまーり、今は敵ってコトよねェ?

CV:三宅健太

プロフィール

登場回:第18駅「君の名を呼べば」
主:闇の皇帝ゼット
闇形式:ゼハ22-18
闇装備:頭痛系リング、宝石系ガントレット
作戦運行:頭痛系リングによる苦痛から闇を集める
闇駅名:変頭痛
心の闇:痛み
シャドー怪人蘊蓄:リングシャドーの全身の宝石は、闇で磨かれた不吉なものばかり

概要

名前を呼ばれると激しい頭痛を齎す金色の「頭痛系リング」を頭にはめ、苦痛を与える指輪系シャドー怪人。独占欲に満ちたオネエっぽい性格で、声もオネエ系だが凄むと一転、ドスの効いた野太い声と化す。はめられた瞬間相手の名前が刻まれるこのリングはリングシャドーにしか外すことができず、名前の支配から逃れる術はない。攻防一体の両腕のガントレットも美しく強力な武器であり、「オネエ=強い」というセオリーに反せずなかなかの強敵である。

闇を見とめてザラムが駆け付けた際には既に多くの人間にリングをはめており、トッキュウジャーにクローズを嗾ける隙にザラムにも名を刻印したリングをはめるが、既にその名を”絶対的に”捨てた彼には聞かず愕然とする。
しかしそこに「キラキラ」を持つザラムに興味を持ったゼットが登場、彼を呼び捨てにした制裁にライトにもリングをはめる。そして「ゼットの闇を受けて再びシャドーラインとしての己を自覚させられたザラムが本当にシャドーを捨てたのか、もう一度確かめたい」というゼットの提案を受け、ライトを拉致して撤退する。

その後、ザラムの前で再びライトを甚振るも、「”ライト”でない本当の名前を思い出した」という彼のハッタリにまんまと騙されてリングを外し、彼を自由の身にしてしまう。(ゼットには気づかれていたようで、外す直前「おい待て!」と一喝していた)
今度はザラムの名を連呼して甚振るも、1号以外の4人が彼に「虹野明」という新たな名前を付けたために、彼のリングも無力化されてしまう。

その後、興が削がれて勝手に帰ってしまったゼットに置き去りにされ、トッキュウジャーと交戦。トッキュウ6号と激突し、ユウドウブレイカーを受けて敗北。

直後、闇暴走で巨大化。キックでフミキリケンを蹴り落とし、トッキュウオーを回転しながらのガントレット攻撃や爆発する投げキッスで追い詰める。しかし6号のドリルレッシャーが地底から出現、真下から臀部を突き上げられて回転する攻撃に悶絶するもつかの間、トッキュウオードリルのドリルトルネードを喰らい爆散した。(その際「グルグルどいひ~~~!」と叫んでいる。)

余談

作中の描写を見るに、ザラムとは過去何かしらの関係があったようである。ザラムのハーモニカの音色を聞いた際に「キュンキュンしちゃう♥」とつぶやいているが、果たしていかなる仲だったのか・・・。

関連タグ

烈車戦隊トッキュウジャー シャドーライン シャドー怪人
緊箍児

pixivに投稿された作品 pixivで「リングシャドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント