ピクシブ百科事典

ロスヴァイセ(アーマード・コア)

ろすゔぁいせ

ゲーム『アーマード・コア』の登場人物(メイン画像は彼女を想像して描かれたもの)
目次[非表示]

概要

軽量二脚型AC「ヴァルキュリアC」を駆るランカーレイヴン
ランキングはハスラーワンに次ぐ2位で、強化人間への転換手術を受けている。

最大の特徴はヴァルキュリアCの肩に担がれたスラッグガンである。これはプレイヤーが入手できる市販品とはパラメータが異なる専用装備であり、命中すると大半のアセンは衝撃で移動が出来なくなる散弾をマシンガンの如き連射速度で放つ恐ろしいもので『鬼スラッグ』『チートスラッグ』などと呼ばれる。なんの予告もなく登場し、一度食らうと衝撃で固められ身動きが出来ないまま自機のAPが削られるスラッグを連射することから、ゲーム開始直後の『レイヴン試験』と並び多くのレイヴンにとってトラウマとなった。

登場するミッション『市街地襲撃』は依頼文だけ読むと「雑魚を相手にしつつ町を破壊するだけ」で金がもらえるという楽なミッションであるため、これまで使っていなかったアセンや武器を試したり、制限時間を考慮して防御力を無視した速度重視の構成で挑んだ初見者も多い。そしてミッション開始後には、アーマード・コア初の対AC戦に驚く間もなく『チートスラッグ』でハチの巣にされるという状況は、ある意味ではAC定番の『騙して悪いが』の一種かもしれない。

倒すとランキングからロスヴァイセが消えプレイヤーのランクが上がるという演出がある。なお、ミッションには制限時間があるため、相手をせず時間切れまで逃げ回ることも可能(ビルの上に逃げるのが定番)。この場合はミッションは成功するがランキングは変化しない。

没設定として黒髪ストレートの女性としての設定画が設定資料集に掲載されているが、あくまで「没設定」なのでゲーム中では彼女自身についての言及はない。

再登場

後に『アーマード・コア ネクサス』のレボリューションディスクにも初代『アーマード・コア』のミッションを再現したシナリオ「市街地襲撃」で再登場。
愛機・ヴァルキュリアCのスラッグガンは連射性こそ落ちているものの衝撃力の高さは健在で、被弾時の熱量も非常に高い為、接近戦を挑むのは自殺行為に等しい。
「警備システム攻撃」では追尾爆弾迎撃の最中に援軍として現れるが、しばらくするとこちらに攻撃を仕掛けてくる。
前述のスラッグガンは使用せずスナイパーライフルをメインに使うが、そのスナイパーライフルの威力はやはり通常のものよりも威力が高められており、こちらが足場が悪い場所での戦いを強いられているのを嘲笑うかのように空中を浮遊しながらスナイパーライフルによる強力な一撃を的確に叩き込んでくる。
初代『アーマード・コア』では無言だった彼女だが、このミッションで初めて口を開くようになる(それでも発する言葉自体少ないが)。

関連タグ

アーマード・コア AC ランカーAC
レイヴン 強化人間 パイロット

pixivに投稿された作品 pixivで「ロスヴァイセ(アーマード・コア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント