ピクシブ百科事典

ヴェータラ

ゔぇーたら

ヴェータラまたはヴェーターラ(Vetala)はインド、ヒンドゥー伝承に登場する鬼神。仏教では起屍鬼、屍鬼と訳され、また毘陀羅、迷怛羅と音写される。
目次[非表示]

概要

ヴェータラは死体に取り憑いてそれを動かし、怨む者を殺させる鬼神である。
その姿は色黒で背が高く、ラクダのような首、のような顔、牡牛のような脚、のようなロバのようなを持つ異形で、ブータ(亡霊)とともに墓場を跳梁する悪霊のような存在といわれる。
なお、ヴェータラは11世紀の説話集「カター・サリット・サーガラ」の物語に登場する以外では、マハーバーラタの補遺「ハリヴァンシャ」やプラーナ文献で僅かに言及される程度である。

ヴェータラが他の悪霊と一線を画す特徴として、しかるべき儀式を行ってヴェータラを供養することで、どのような願いも叶えられるという点が挙げられる。
それゆえにヴェータラという言葉には“死体を動かす呪法”という意味があるとされ、占星家バラーハミヒラの「ブリハット・サンヒター」では、“呪文(マントラ)によって死体を再び起こす呪文”と記されている。また儀式を指す語として『ヴェータラ呪法(Vetaliya、ヴェーターリヤ)』がある。
一方で、ヴェータラ呪法が誤って行われた時、術者は必ず滅ぶとも言われている。
儀式は、黒月(満月から新月に向かう期間)の14日目に深夜の墓地で行われる。術者は四肢に灰を塗り、でできた聖紐を首にかけ、白い死装束に身を包む。祭壇には人脂を油とする燈明を灯し、中央にで塗られ人骨粉で描かれた曼荼羅を、四方に血を満たした水壺を配置する。曼荼羅の上にヴェータラが取り憑くための死体を配置した後、人血を閼伽水として手向け、花で自らを塗香し、焼香として人間の眼球を火にくべて、人肉を供物とする。

ヴェータラの起源はインドにおける原始信仰とされ、シヴァ派やタントリズムに取り入れられた結果、シヴァの眷属とみなされるようになった。
また、ヴェータラの存在は仏教にも伝播しており、仏典、特に密教経典で頻繁に言及され、「毘陀羅成就法(毘陀羅法)」の名で日本にも伝えられたという。

ヴェーターラ・パンチャヴィンシャティカー

上のヴェータラに関わる記述は、「カター・サリット・サーガラ」の第12巻に記されたものである。
「カター・サリット・サーガラ」にはヴァッツァ国王子ナラヴァーハナダッタの生い立ちから半神族ヴィディヤーダラの帝王になるまでの物語を主軸に、数多の挿話が書かれている。
ヴェータラが活躍する12巻は、主人公が聞く「ムリガーンカダッタ王子の従臣が老バラモンから聞いた話」という入れ子構造の挿話で、話中のバラモンもヴェータラ呪法伝授のためという経緯から物語を説く。

トリヴィクラマセーナ王の下に修行僧クシャーンティシーラが果物を10年間受け取り続けることから話は始まる。
ある時、王は今まで貰っていた果物の中に宝石が詰まっていることを知り、修行僧に理由を聞く。修行僧は呪法成就に王の助けが必要であることを打ち明け、黒月の14日目の夜に墓地へ来るよう王に願った。承諾した王は墓地に行き、修行僧から南方に立つ樹の上から死体を運んで来るように依頼された。
王はすぐに樹上から死体を下ろしたが、それにはヴェータラが取り憑いていた。ヴェータラは王に担がれると、道中の慰みに一つの物語を語り出す。物語の最後、ヴェータラは疑問を投げかけ、真実の答えが得られなかった時は王の頭を粉々に砕くと言って・・・
しかし王は必ず正解を返し、そのたびにヴェータラは幻力によって樹上に戻ってしまう。それが24回も繰り返されたころ、ヴェータラは王の智慧と忍耐に感心し、修行僧が呪術の最後に王を殺そうとしていることを教え、王はヴェータラの言葉に従って修行僧を返り討ちにした。
修行僧が死んだことで全地上の帝王の位を王が受け取ることになり、ヴェータラは儀式に従って願いを一つ叶えることを申し立てる。それに対して王は『ヴェータラと自分の24話に及ぶやり取りと結末の1話が有名になること』を願い、ヴェータラは『一連の物語はヴェーターラ・パンチャヴィンシャティカーと言う名で有名になり尊ばれる』と告げて去っていった。
そこにシヴァが神々と共に現れて王を祝福し、ヴィディヤーダラ族の転輪聖王の地位、そしてアパラージタ(無敵)というを与えた。
その後、王は剣の力で全地を平らげて転輪聖王の位につき、ついにはシヴァ神と合一した。

この話の後、従臣は呪法を行ってヴェータラを使役して背に乗り、王子の下に辿りついている。
また、第5巻と第12巻には近似する内容の挿話があり、そこでもヴェータラは主人公の勇気や献身に応えて、不治の病の治療や王権の約束を行っている。
以上のように、ヴェータラは鬼神としての性格と共に、本来の信仰される姿、宗教聖典における導師的な一面を備えているのである。

女神転生シリーズのヴェータラ

初出はFC「女神転生Ⅱ」。シリーズを通して“幽鬼”族の中堅又は上位悪魔とされ、状態異常やエナジードレイン攻撃などを実装する敵として立ちはだかる。説話中の善性が完全に廃され、悪霊としての性格が強調されていることから基本的にDARK悪魔扱いである。
作品ごとにデザインが頻繁に変わっており、ギリメカラの色違い(女神転生Ⅱ)、ガキの色違い(真・女神転生)、象頭の悪鬼(真・女神転生Ⅱ等)、半身が煙の様に棚引く怪人(ソウルハッカーズ)、顎から下腹部まで抉れた人型(真・女神転生Ⅲ)と多数ある。
特に作品中で目立った活躍として、「デジタルデビルサーガ2」でサーフたちが最初に交戦する夜叉鬼族の悪魔として登場。ボディビルのポージングを思わせるアクション、『聞ケ!我ガ筋肉ノ叫ビ!!』など、地下街の最終防衛ラインを巡るシリアスな場面に反して、変てこなキャラ付けがされている。
真・女神転生Ⅳ」では、“爆炎の新宿”の門番を務める悪魔として登場。アキラをこき使う小悪党的な性格で、イベント上ボイス付き、かつかなり饒舌に喋る。そのため仲魔にした後も、他の悪魔とは違った口調が付加されるなど、少しだけ差別化が図られている。

あの子が欲しい



関連タグ

インド神話 鬼神

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴェータラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24171

コメント