ピクシブ百科事典

五月雨江(刀剣乱舞)

さみだれごう

ブラウザゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に登場する刀剣男士。
目次[非表示]

刀については→五月雨江を参照。

プロフィール

刀帳192番
種類打刀
刀派
刀工郷義弘
一人称
身長不明
狩野翔
すし
演者(刀ミュ)山崎晶吾


「さてと、今日も一句詠みましょうか」

概要

2020年11月30日に公式Twitterにて実装が発表された刀剣男士
12月1日に実装。同日から開催のイベント「秘宝の里 ~楽器集めの段~」の100000玉の獲得報酬。
現時点では1振りしか入手できないため、乱舞レベルを上げることはできない。

公式Twitterの紹介

越中国の刀工、郷義弘作の打刀
景色を名に宿した名刀は華々しき来歴を辿るが、その言葉には同じ時代を生き、名を詠んでくれた俳人への思いが表れる。

行雲や犬のかけ尿(ばり)村時雨

性能


容姿

前髪を左に流した藤色の短髪に、江戸紫色の瞳の青年。右耳に黒のイヤカフと、自身の銘である五月『雨』にちなんだ水色のドロップ形耳飾り。
首に巻いている大判ストールとインナーおよびスラックスは深紫(こきむらさき)色で、ストールの先端も江戸紫のグラデーションになっている。一つ留めした江派共通の黒襟緑のジャケットの腰も深紫の帯ベルト。
武具は右腕の篭手だけで、両手には銀スタッズの付いたフィンガーレスグローブと江戸紫の腕輪を嵌めている。足元も江戸紫紐のワークブーツ、フサフサした藤色の犬耳としっぽが付いており、内番服を見るからに着脱可能なアクセサリーの模様。手の平にも紫の肉球の様な模様がある。
これは五月雨江が『南総里見八犬伝』に登場する刀・村雨丸のモデルになった事と、元主に「生類憐みの令」でお馴染みの犬公方こと徳川綱吉、犬千代の幼名で知られる前田光高がいる為と思われる。

内番服は黒のインナーシャツとニッカポッカ風のワークズボン、足元は地下足袋風のブーツ。江戸紫色のベルトとリストバンド、紐飾りがついている。江派打刀組共通の緑ジャージは羽織らず斜めにたすき巻き。江派の共通の一つである黒子は戦闘服では見えないが、内番姿になるとある部分に見える。
刀紋は葵紋の外枠に傘と抱き芭蕉。真下に小さく肉球がついている。

人物像

クールで泰然自若とした性格。派手な容姿に反して、口調は敬語。一人称は『私』。節分台詞では、お茶目な部分も窺える。

よく、松尾芭蕉に関連してなのか季語を呟く。反対に、元主や号の由来には言及しない。
これは自身の名の由来である油の件(油を塗りすぎて、霞んでるようになった)のと、「生類憐みの令」が影響し、複雑な思いを抱いていると審神者から推測されている。
生類憐れみの令は、荒れてた殺生観を直したとして評価する一方、生物にかけるお金の負担で市民には不満があり、賛否両論が別れていた。尚、油は刀に取って、扱いによっては薬や毒にもなるものである。ある意味、『物語』から顕現された彼らしい。

俳句は、元主が治めてた時代の『元禄期』で次々、芭蕉等の文化人が誕生していた時の影響ではないかと推測もある(この時期に発生した文化は『元禄文化』と呼ばれてる)。
また、コンプレックスである号の名を美しく詠んでくれたことに何か心境に変化があったかもしれない。

関連イラスト

五月雨江



関連動画



関連タグ

刀剣乱舞 打刀男士 江(刀剣乱舞)
黒田組 前田組 徳美組 獣耳/イヤーカフ 尻尾
忍者

関連記事

親記事

打刀男士 うちがたなだんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「五月雨江(刀剣乱舞)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50572

コメント