ピクシブ百科事典

亜内武文

あうちたけふみ

ゲーム『逆転裁判』シリーズに登場する検事。
目次[非表示]

CV:横島亘(TVアニメ)/浜亘(ゲーム『無印〜4』)

人物

ゲーム『逆転裁判』シリーズに登場する検事。初登場時52歳。
基本的に「ゲームのチュートリアル用のやられ役検事」として第1話に登場する。

容姿

グレーのスーツに後退ぎみの生え際とメガネ、という非常に地味でパッとしない見た目で、貫禄がない。

『3』にて語られる「成歩堂龍一が弁護士になる前の話」では、緑のスーツにリーゼントとだいぶ気合の入った格好で登場するが、裁判での屈辱的な敗北によるショックから現在の髪型へ落ち着いていく模様。

アウチさんほぼ皆勤賞おめでとう!



『3』から7年後の『逆転裁判4』ではまるで落ち武者のような髪型&黄色いスーツ姿になって登場する。

亜内検事ww


能力

検事としてはベテランなのだが、名前を忘れられることも度々あり、検事であることすら知られていなかったりもする。

検事としての能力も、押しが弱いせいで簡単に状況をひっくり返されがちなうえに、“異議あり!”の声もやけに甲高く、どこか頼りない。
推理も粗が多く、お世辞にも実力があるとは言えない。

ただし、証拠や証言のねつ造などの不正を行っている描写はないので、その点に関してはまともな検事であると言える。

検事になってから7年間は無敗だったらしく、『3』第1話の頃は「新人潰し」の異名を持ち、今と違って大きな態度を取っていた。

家族・血筋

妻帯者らしいが、奥さんは会った人がみんな首を傾げてしまうような人物らしい。

『5』では本人の代わりに弟の亜内文武が登場する。

大逆転裁判』では彼の先祖らしき人物・亜内武土が登場する。

活躍

『無印(蘇る)』『2』『3』『4』に登場。
『無印』では成歩堂龍一の初法廷、『2』では記憶喪失の成歩堂龍一の法廷、『3』では綾里千尋の2回目の法廷、『4』では王泥喜法介の初法廷にて事件の担当検事として登場するが、どの審理でも敗北を喫することとなる。

『3』では第2話と第3話にも登場するが、作中では赤スーツのヒラヒラ検事復讐に燃えるムチムチ検事謎の仮面をつけたコーヒーごぶごぶ検事ロックミュージシャンのジャラジャラ検事‥‥と、主人公の前に立ちはだかる彼らの活躍によって、彼の存在は基本的にそのカゲに隠れがちとなっている。

『無印』にて、彼らしきモブキャラ「ケンジ」が上級検事執務室前の廊下の端にて登場する他、『2』では検事局長のお供として登場し、事件の証拠品のテープレコーダーに彼の声が入り込むという形で少しだけ事件に関わることとなる。

余談

実は『1』の企画初期から存在していたキャラクターであり、当初は弁護士役であった。その頃からキャラクターデザインはほとんど完成していたようで、『1』でのグラフィックは既に描かれていたグラフィックを左右反転したものをほぼそのまま使用しているという。
またゲーム自体のストーリーも「あまりにも情けない弁護士(後の亜内)のかわりに主人公の探偵(後の成歩堂)が弁護を担当する」という筋書きだったらしく、当初は味方のキャラクターとして想定されていた事が窺える。

裏設定によれば『4』では散々煮え湯を飲まされた成歩堂が法曹界から消えてやや調子に乗っているらしく、着ているスーツの色は「黄金色にも枯葉色にも見える色」と設定されている(別ベクトルで「調子に乗った」様を表現した没案として、でっぷりと肥え太ったデザインも提案されていた)。
また、特徴的な髪型はスタッフが「丸坊主の亜内のイラストに髪を描き込んでいく」という形式のコンペを開いて決めたらしく、採用された案の横には「禿げたから伸ばした」と書かれている。

パチンコの『CR逆転裁判』では検事リーチというものがあり、他の検事達のなかで一番最後尾に立っており、彼が選ばれると大当たり確定の演出となる。

関連タグ

逆転裁判
亜内文武:弟
亜内武土:先祖
成歩堂龍一 御剣怜侍 綾里千尋 サイバンチョ
逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧

関連記事

親記事

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 ぎゃくてんしりーずきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「亜内武文」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18583

コメント