2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

武装船隊「南十字」の頭領、豪快な姉貴。

概要

オープンワールドゲーム『原神』の登場キャラクター。

名前北斗(ほくと)(英:Beidou/中:北斗)
レアリティ★4
国/所属璃月/南十字船隊
使用武器両手剣
神の目(元素属性)
誕生日2月14日
命ノ星座南天海山座
オリジナル料理豚肉の唐辛子炒め(豚肉の油炒め)
CV小清水亜美

北斗の姉君は拙者の恩人。稲妻から逃げ出した拙者を、姉君が引き取ってくれた。拙者が一番苦心していた時期に、稲妻へ戻る勇気をくれたのだ。彼女は、拙者と周りにいるすべての船員が背中を任せられる戦友なのでござる。
~北斗について…楓原万葉

人物

璃月に所属している武装船隊「南十字」の頭領。
統治者である七星には及ばないが、それに続くほどの声望を得ており、璃月の商人の中で彼女の名前を知らない者はいないほど。武装船隊の団員からも強く慕われている。

彼女自身も声望に違わぬ優れた航海者と武人であり、部下からは「嵐すら言うことを聞く」と称される航海能力と、かつて冥海巨獣「海山」を討ち滅ぼした力から「龍王」の異名を得ている。

七星の一人である「天権」凝光とは協力関係にある。
かつては義理人情に基づいた理由から璃月の規則を幾度となく破っており、その度に凝光が重い処罰を与えてきたが、北斗はそれを平然と受け入れ、罰金を払ってはまた自らの心情通り動いてきた。罰金の累計金額だけで新品の遠洋漁業船が買えるほどだと言う。

現在では一応やることなすことはほとんど上の許可を得ているらしいが、北斗の影響力に加えて北斗自身が凝光を大して敬っていないこともあり、関係は未だ対等に近い。
凝光の協力者の中でもこれは異例のスタンスだが、凝光からすればむしろわかりやすい(=御しやすい)ため特異な関係性自体は気にしていない模様。ただし、自分を曲げる気が一切ない北斗は今でも凝光の悩みのタネであり、依然としてあまり気軽に会いたい相手ではないようだ。

ユニーク料理が豚肉の唐辛子炒め(ベースは豚肉の油炒め)であることからもわかるように、味の濃い料理が好み。このため、激辛料理を得意とする香菱の腕前を気に入っており、当の香菱からもお得意さんなだけでなく貴重な海産物食材を持ち込んでくれることから、たまに南十字船隊に同行したりもする。
船隊の経理が勝手に宴席の料理人として連れてきた時からの縁であり、当時の香菱はまだ「万民堂」の料理人になる以前だったが、北斗は香菱が料理人として大成すると既に明言していた。

魔神任務(メインシナリオ)第2章プロローグでようやく本編に登場。稲妻に渡る方法を探しに船団の武装船「死兆星号」を訪れた旅人に対し、優勝したら稲妻に送り届けることを条件に主催する「南十字武闘会」への参加を要請している。

能力と戦術

リリース当初から実装済みの★4キャラで、主に恒常祈願(ガチャ)「奔走世間」で獲得可能。

原神


元素スキルを用いてのガードとカウンターを可能とし、これを戦術の軸とするタンク兼アタッカー。激戦区の雷元素キャラで同じ両手剣使いのレザーもいるため影に隠れがちだが、敵からの攻撃は回避が基本、シールドは危険回避が主用途の原神というゲームの中で「攻めのために回避を捨て、真正面から攻撃を受ける」選択肢を取れる貴重なキャラ。

ガード後のカウンターはそれ自体が通常よりも強力になり、また発動後にも恩恵があるため、完全に使いこなせれば交代なしの単独で敵を圧倒することも可能。一方で、主にボス戦において接近状態を維持する攻めの展開において、通常なら回避のために距離を置く場面を飛ばす目的で、ピンポイントで交代するサポート運用も有効である。いずれにしろ、危ないから敵から距離を置いて遠距離戦を……という及び腰な思考は、この豪快な頭領には似合わないのである。

  • 通常攻撃&重撃「征浪」
両手剣には珍しい5段攻撃。ただし、初段と二段目の威力は抑えられているため、総合ダメージでは他の4段斬りの両手剣使いと比べて大きな差はない。
重撃では一度振り被ってから前方に向けて連続で斬りつけ、最後に回転斬りで締める。長押ししている時間に応じて斬りつける回数が増えるが、攻撃回数に応じてスタミナの消費量も増える。

  • 元素スキル「浪追い」
「全部返してやる!」
両手剣に雷属性を纏わせ、横一閃の薙ぎ払いを放つ。発動と同時に北斗に雷元素が付着する。
溜めなしの場合はすぐに薙ぎ払いを放つ。雷元素のエフェクト分だけ通常攻撃より多少リーチが伸びるが、それ以上の特徴はない。
長押しすると前述のガード&カウンターとなり、剣をシールドとして扱いながらその場で構え状態となる。ボタンを離す・一定時間経過する・シールドの耐久上限を超えるといった3つの内いずれかを経て薙ぎ払いに移行する。

シールドの耐久値は北斗のHP上限依存の他、雷ダメージに対してはより多くのダメージを耐える。また構え中に攻撃を受けると薙ぎ払いが最大2段階まで強化され、2段強化された薙ぎ払いを放った後は通常攻撃と重撃の攻撃速度・ダメージが強化される(要・キャラ突破Lv4(Lv60~70))。
2段強化版は一瞬周囲が暗くなる他、攻撃範囲・ヒットバック・エフェクト・SEなど全面的に派手になるので、判別は容易。

  • 元素爆発「雷斫り」
「炭になるが良い!」
周囲を旋回する巨獣と雷を召喚して雷獣の盾を作る。効果は通常攻撃と重撃の命中時に雷属性の追撃を与え、被ダメージとモーションの中断耐性を高める。命ノ星座を1凸していれば、同時にシールドも展開される。
シンプルなスキルであり、爆発力はさほど高くはないが、キャラクターを変更しても盾は継続され続けるので、ここから強力な元素反応の多い雷属性を繋げることができれば攻防一体の強力な元素爆発となる。

  • 天賦「怒涛踏み」
パーティ全体の泳ぎの消費スタミナを-20%する非戦闘系天賦。探索パーティに入れておくと通常たどり着けない離島や対岸への「あとひと押し」の大きな助けになる。
同じ効果の天賦を持つ珊瑚宮心海との重ね掛け不可。

  • 命ノ星座
    • 1凸……元素爆発発動時、HP上限16%分のシールドを生成する。
    • 2凸……元素爆発展開時の追撃に跳弾が発生し、さらに2体の敵を追加攻撃可能になる。
    • 4凸……攻撃を受けてから10秒間、通常攻撃時に20%分の雷元素の追撃が発生する。
特に有用なのはこの3つ。1凸は生存性を大幅に高め、2凸と4凸は雷元素をばら撒く事が出来るようになる。この際にトリガーとなる通常攻撃自体は雷元素化しないため、雷耐性の高い敵の前でうっかり使っても詰みにくく、ベネット(6凸)や重雲などの元素付与の恩恵を受ける事もできる。

余談

  • 稲妻探索について
    • 上記の通り元素スキル使用時に、短時間ではあるが自分自身に雷元素を付着させられる。
    • これが、稲妻のフィールド各地に点在する雷元素由来のギミックの解除(解除すると宝箱入手)に役立つ。稲妻探索時には是非頼れる用心棒としてパーティーに加えよう。


  • 神の目について
    • 北斗は他の神の目の保持者と異なり、本来何の異能も持たない生身の人間の状態で大魔獣殺しを成し遂げた現状唯一無二の存在である。神の目を獲得したのはこの偉業の報酬に過ぎない。彼女が「龍殺し」「山と海を征服した者」「龍王」と呼ばれている所以でもある。
    • 北斗に倒された怪物は「海山」と呼ばれる海怪であり、その名の文字通り「海の山」を思わせる冥海巨獣であった。その姿は魚にも龍にも見え、その巨体と巨力は一撃で数十メートルの波を起こせるほど。璃月稲妻の両国にて共に「鰭が冥海となり、尾が遠山を指す」と謳われ、恐れられていた。
    • 北斗は幾度も「海山」に戦いを挑み、最後は最も優秀は部下たちと力を合わせて四日四晩にわたる激戦を繰り広げ、五日目の夜明けと共に攻撃を仕掛けてきた「海山」の動きを事前に波の音で読み、その瞬間にこれを正面から一撃で切り伏せた。北斗のキャラクターストーリーでは、当時の北斗の一撃を「雲を突き抜き、月を一刀両断する」と描写している。
    • その時、「耳を聾する程の雷鳴と共に、紫色の電光が血を浴びた北斗の前に降りた」という形で、北斗に天から「神の目」が授かった。この「神の目」は「龍血でさえ匹敵できない宝珠」であり、「山と海を征服した者にのみ所有が許されている」ものとして描かれている

  • 武装船隊「南十字」について
    • はじめはプレイヤーによく誤解されがちだが、北斗が率いる「南十字」船隊は海賊団ではない。一応、北斗自身は「海賊」と名乗りはしているらしいが…(デイリークエストで確認)
    • 「南十字」船隊は武装船隊であり、文字通り船から船乗りまで武装が施された船隊である。主船の名は「死兆星号」。
    • 北斗自身の私兵ともいえるが、その存在は璃月七星に認められており、普段は璃月港を本拠地に商船の護衛を務めるなどの仕事を請け負っている。また、柔軟な対処方法では処理できないような厄介事を暴力的に解決してもらえるよう凝光に頼まれることもある模様。
    • また、傭兵部隊の一面も持っており、稲妻篇ではとある人物に雇われる形で参戦している。(詳しくは最後の「ストーリーでの活躍について(ネタバレ注意)」を参照)

  • 北斗の人望について
    • 北斗自身、この武装船団の頭目として、船員たちから厚く信頼されている。(一部の女性船員からは、船長に対する信頼を明らかに超えた憧れの気持ちをすら密かに寄せられている模様)
    • 彼女の威名は裏社会にとどろいているらしく、ストーリーやイベントなどでは、弧雲閣付近海域の盗賊・海賊たちに「北斗の姉御」と呼ばれ、恐れられている場面がよくある。

  • 魔神任務について
    • 璃月東部・孤雲閣の東には彼女率いる南十字船団の武装船「死兆星号」が停泊しており、実際に立ち寄ることができる(魔神任務の時以外は本人は不在)。ただし、泳いでいくには難しい距離にあるため(ギリギリできなくはないが)、孤雲閣の岩山に登ってから風の翼で滑空していくのが確実。
    • しかし苦労して岩山を登れば、アビスの魔術師が3体まとめてたむろしている(しかも、炎・氷・水と3種類そろっている)ので飛んでいく前にこれを突破しないといけない。
    • かなり面倒だが、死兆星号で受けられる世界任務(サブイベント)がある上に、魔神任務第2章プロローグなどで死兆星号を訪れる必要が何度もある。
    • 幸いにも、Ver2.4現在ではマップ画面から死兆星号に直接ワープできるようになったため、一度訪れさえすれば以降は楽に訪問できる。

関連イラスト

無題
北斗


無題
Golden



関連タグ

原神
楓原万葉
凝光














ストーリーでの活躍について(ネタバレ注意)

Ver1.6に実装された魔神任務第二章のプロローグで初登場。

稲妻へ行くため、北斗率いる南十字船隊の死兆星号へ向かうこととなる。
そこでは、稲妻を追われ、一時的に南十字船隊と行動を共にしていた楓原万葉が賞品として提供した「主なき神の目」をかけた「南十字武闘会」が開催されていた。
これは神の目を持たない者のみが参加できる大会で、盛り上げるため強者を探していた北斗は大会への参加を旅人に要請。旅人の目的が稲妻への渡航と知ると、北斗は優勝賞品を神の目から稲妻行き死兆星号の乗船券へと変え「南十字武闘会」に参加するように促す。

魔神任務第二章第一幕では、武闘会で優勝した旅人を稲妻まで送り届け、離島の顔役で以前より交友のあったトーマに旅人を紹介し、お尋ね者である万葉のため自身は稲妻を後にする。

魔神任務第二章第二幕では、珊瑚宮心海が率いる抵抗軍の傭兵として稲妻の戦に参戦。
武装船隊としての実力を垣間見ることができる。

戦争後、目狩り令が廃止され目的を果たした万葉は死兆星号に戻り、北斗は彼を再び仲間として迎え入れ行動を共にしている模様。


Ver.2.4に実装された魔神任務第一章間章では、オセルの妻「跋掣」討伐の為、凝光の群玉閣再建を手伝う。群玉閣が再建され、姿を現した跋掣に死兆星号から一斉射撃を行い跋掣の撃退に貢献した。

関連記事

親記事

璃月(原神) りーゆぇ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「北斗(原神)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「北斗(原神)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27830557

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました