ピクシブ百科事典

原神敬幸

げーむをつくるしかくなし

原神敬幸とは、株式会社ゼロディブの社長を務めるゲームクリエイターもどきである。

彩京に所属していたプログラマーであり、同社がクロスノーツに吸収合併された後に「超兄貴」「重装機兵ヴァルケン」「ラングリッサーⅢ」といった彩京及びメサイヤ作品のPS2リメイク版を手掛けた。

なのだが、これらのリメイク版はいずれも原作の魅力を大幅に削いだ上にゲームバランスを著しく悪化させた劣化移植と化しており、原作ファンを大いに失望させた。
PS2版超兄貴の頃から

(挙句の果てには、後に彩京時代からの開発者を全員解雇する暴挙に出ている)
などといった問題行動を数多く起こしており、当時親会社だったGAEの人物から
てめえのような人間はゲームを作る資格はねえ!」とまで激怒された。
2004年にGAEより絶縁されてからはタイトーに擦り寄り傘下に加わったが、ここでも過去の名作の劣化版しか作れなかったため、2005年頃にタイトーとの提携を切られた。

2007年に株式会社ゼロディブを設立し代表取締役社長として就任。
剣と魔法と学園モノ。」のプロデューサーを務めたが、本作はチームムラマサ(現:エクスペリエンス)が開発したウィザードリィエクス2のソースコードを流用した疑惑が持ち上がっており、その上ゲームバランスもエクス2より劣化している。

コメント