ピクシブ百科事典

地方病

ちほうびょう

ある一定の限定した地域に定着し流行を繰り返す病気の総称。風土病とも。特に有名なのが山梨県甲府盆地地域における日本住血吸虫症で、単に地方病といえばこれを指すことも多い。
目次[非表示]

概要

一般的な風土病として

地域特有の気候や土壌の状態、あるいは周辺に有害な物質がありそれが健康に悪影響を及ぼしている、または病原体を媒介する生物が多く住むなど、諸々の条件からその地方に特定の病気が多くなると、風土病、あるいは地方病と呼称される。
例えば熱帯地方におけるマラリア(熱帯付近に多く住むが媒介する)などがこれに該当するとされることが多い。また他にも、アフリカの一部地域においてエボラ出血熱が感染することが多いが、これは地域特有の病原体のみならず、地域の風習(葬儀において遺体に触れたり口づけたりするなど)が感染を拡大させる原因になっている。
地域風習が殆ど主体的な原因となって風土病を蔓延させた例としては、パプアニューギニアにおけるクールー病なども有名。これも葬儀の際に遺体を食するという食人習慣により、ヒトプリオンを脳に蓄積してしまい発症する病だったという。

今日の日本において特段進行している風土病・地方病は無いとされるが、かつては山梨県甲府盆地地域において日本住血吸虫症が蔓延し、少なくとも百年から数百年以上に渡って地域の人々を苦しめてきた。今日、単に地方病と言えばこの山梨県における日本住血吸虫症を指す。

山梨県における日本住血吸虫症

日本住血吸虫症という病気は、その名もずばり日本住血吸虫という寄生虫により引き起こされる病気であり、この寄生虫が人の体内で生育・繁殖し、それにより高熱・激しい腹痛下痢・果ては肝硬変などの重大な症状を発症したのち最終的に死に至る。罹患者は終末期ともなると腹が腹水で大きく膨れ上がることから水腫脹満とも呼ばれ、江戸期以前はこの名前で通用していた。
住血吸虫症全般に言えるのは、ヒトに寄生する前の中間宿主が淡水生巻き貝というパターンが多いことである。日本住血吸虫においては「宮入貝(ミヤイリガイ)」という巻き貝がこれに該当した。
古くは戦国時代、かの甲斐武田氏の家臣にもこれと思わしき症状で亡くなったと考えられる武将がおり、この地方の人々は実に数百年、場合によっては千年もの間この病に苦しめられた。
そして明治以降、ついに病原体が発見されその完全な撲滅に至るまでのストーリーは…聞くも涙である。

撲滅に至るまでの色々

これについてはここに記述するよりWikipediaの当該記事を読んでいただくのが手っ取り早い。
というかwikipediaのこの記事を上回るようなものは殆どないと言える。それだけwikipediaの地方病に関する記事は詳細かつ読み物としても優れていると評価されている。
俗にwikipedia三大文学の一つとも言われる(残り二つは八甲田山雪中行軍事件と三毛別羆事件)が、その中でも「秀逸な記事」として認められた唯一のものであるなど、概して非常に評価の高い記事である。

宮入貝

貝自体はごく普通の巻き貝であるが、日本住血吸虫の中間宿主として、この地方病と切っても切れぬ存在である。
住血吸虫自体は宿主がいないと生き残れず、人間もまた中間宿主ごと刈り取らなければ住血吸虫を駆除出来ない。そんなわけで、発見され正式に病原(中間宿主)であると判明して以来、殺されまくった
そもそも他種の巻き貝と違う新種と認定されたのは地方病の病理解明の途中での話であり、当時発見した宮入博士の名を以て名前が与えられた。人間による発見以来、常に駆除されるだけの存在だったとも言える。
「怖い」「トラウマ」と今も語られる当時の山梨県における地方病撲滅ポスターでも堂々「宮入貝を見つけて殺そう」とまで描かれており、その恨まれっぷりは住血吸虫本体かそれ以上だったとも言える。

さて、時代はくだり間もなく21世紀という頃、既に日本住血吸虫は撲滅され、同時に宮入貝も姿を消してしまった。他方、日本住血吸虫は地方病とは言うものの何も山梨県だけで見られたわけではなく、他県でも少数ながら同じ病が見られ、それらの地域でも同様に駆除作戦が行われた。
実は福岡県久留米市には、筑後川流域に在した宮入貝が日本住血吸虫症撲滅のために人為絶滅させられたことに対し、供養碑が建てられている。
日本住血吸虫こそが病原であり、宮入貝は自身も知らぬまま中間宿主にされてしまった、いわばこちらも被害者である(さながらRPGなどで見られる、真のラスボスに操られて悪の帝王となってしまった者のように)。そんな宮入貝に対して、駆除中は恨みこそすれ、病理の根本原因ではない以上、絶滅させてしまったことへの負い目もあるのかもしれない。
そういった複雑な感情の元、ある意味日本人らしい考えがこの供養碑に表れていると言えよう。願わくば望まぬ死を与えられた宮入貝たちが安らかに眠ってくれることを祈るばかりである・・・。

一方、一部地域においては野生種の宮入貝が生き残っていた、あるいは新規に発生したという情報もある。何も地方病の恐怖再び、というわけではなく、なんと日本住血吸虫を宿していない(と考えられる)同種である。人間にとって最大の懸念が消えた時、初めて彼らとの共存が可能になったと言えなくもない

(もっとも、淡水の巻き貝は住血吸虫に限らず危ない病気のデパートとなっていることが多いので不用意に触らないようにしましょう)。

関連項目

寄生虫 病気

コメント