ピクシブ百科事典

地獄めぐり

じごくめぐり

「地獄めぐり」はタイトーが1988年に販売したアクションシューティングゲーム。
目次[非表示]

その他の用法

大分県別府温泉を周遊するコース⇒別府地獄めぐり

概要

「地獄めぐり」はタイトー1988年に販売した業務用アクションシューティングゲーム。海外名は「Bonze Adventure」。
プランナーは『ナイトストライカー』や『キャメルトライ』、『ソニックブラストマン』などの企画者で、『ICO』、『ワンダと巨像』のプロデューサーでもあるぱぱら快刀氏(海道賢仁氏)で、その企画デビュー作。
しかし海道氏曰く、元々は氏が入社したときにはもう開発中だった「冥府魔道伝」というゲームであり、どうにも面白くならないそれをまとめるよう言われ氏が引き継いだとのこと。キャラを可愛らしく書き変え、直線的だった攻撃をバウンドさせるなど変更したという。

操作は8方向レバーに攻撃(魔破珠を投げる)ボタンとジャンプボタンを用いて主人公「覚蓮坊」を操作、乱心した閻魔大王を倒すのが目的。
アイテム取得で特殊攻撃が可能になる。最大で4つまでストックでき、しゃがんで攻撃ボタンを押すことで発動する。

1990年PCエンジンに移植され、2005年プレイステーション2用「タイトーメモリーズ 上巻」に収録されている。PCエンジン版はWiiバーチャルコンソールでも配信されている。

プレイ動画


関連タグ

タイトー レトロゲーム アーケードゲーム シューティングゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「地獄めぐり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 364

コメント