ピクシブ百科事典

女神イリアス

めがみいりあす

女神イリアスとは、同人ゲーム「もんむす・くえすと!」の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:椎那天

正義を愛し邪悪を憎む創世の女神。
魔王を滅ぼすために、多くの若者に勇者の洗礼を授けて魔王打倒に旅立たせている。
主人公の少年・ルカの夢に現れ、魔王を倒すべく勇者となることを告げるが、肝心の洗礼の時に姿を現すことがなかった。
この世界では、イリアスを崇めるイリアス教が信仰されており、彼女を崇める一方でモンスター娘は徹底的に排斥する思想になっている。
が・・・


ネタバレ

このイリアスこそが全ての元凶で、倒さなければいけない存在。
かつて原初の魔族である邪神アリスフィーズと世界の覇権をめぐり戦ったが、イリアスはアリスフィーズに対し世界そのものを人質に取り、アリスフィーズと六祖を封印した(が、その一人弱体化することで封印を脱出している)。
その本性は超ド級のナルシストかつ独善的な性格で、気に入らないものがあれば手段を選ばず消しにかかる非道さを作中で何度も披露している。そしてそれには自ら生み出した天使達ですら例外ではない。
その一方で全知全能故の孤独さも抱えており、どこまでいっても自分自身の分身に過ぎない天使では満足できず、品種改良に似た過程を繰り返して猿から人類を作り出した。
また、人望に関してはかなりわかりづらいところがあり、基本的に天使からは忠誠を誓われているが、その忠誠が粛清されることへの恐れだったりする天使も作中で出てきている。
直属の部下である黒のアリスプロメスティンはイリアスへの忠誠心は全くなく、終盤でついに反乱に遭い黒のアリスに食い殺される。
終章での反省会に「善のイリアス」なる存在が登場し、どっかの鬼嫁をも超えるドS発言と攻略アドバイスを話すが、これも後述する目的のために行った手の込んだ自作自演である。

ちなみにルカの母であるルシフィナとその双子の姉ミカエラは共にイリアスの手により原初の天使として生み出された存在であり、イリアスとルカは祖母と孫の血縁関係にある言える。


最終決戦にて

irias3.ogg


黒のアリスに食い殺されたのは最強の存在になるための演技で、二人の反乱もシナリオの内。ルカとアリスが黒のアリスを倒したのを見計らい黒のアリスの体内から登場、戦闘になる。
第一形態を撃破すると上のイラストのようなラフレシア烏賊ドラゴンヴァギナデンタータ等を混ぜたようなよくわからない姿に変貌を遂げる(イリアス自身は生体ユニットのような外見)。この姿をイリアスは喜んだが、ルカもアリスも「お前の大嫌いな魔物そのもの」と称した。
この戦いでは魔王軍四天王やミカエラが交代で参戦してくれるのだが、防御を怠ると瞬殺される。止めを刺すシーンを始め戦闘各所で見ることができるイベントは必見ものである。

最期

イリアスは「神とはなんなのか」、「自分は必要なのか」ということに永き間悩んでおり、その末に世界を滅ぼそうとする暴挙に出たことがセリフから判明。
そして石化しそうになっているルカを治療して消滅した。

関連タグ

もんむす・くえすと! ルカ(もんむす・くえすと!) アリスフィーズ
ラスボス 全ての元凶 顔芸 ナルシスト ネオエクスデス 巨乳

善の皇帝(FF2SoR):上記「善のイリアス」関連イベントのパロディ元と考えられる。
殺生院キアラ(Fate/EXTRA-CCC):無力な聖職者のフリをしていた黒幕繋がり。なおこちらは全年齢対象ゲームではないものの彼女のせいでCERO-D

関連記事

親記事

もんむす・くえすと! もんむすくえすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「女神イリアス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 430750

コメント