ピクシブ百科事典

黒のアリス

くろのありす

黒のアリスとは、同人ゲーム『もんむす・くえすと!』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

もんむす・くえすと! 』シリーズに登場する謎の少女。
名前自体は中章から出ているものの、本格的な登場は終章から。
自らを『黒のアリス』と名乗り、現魔王に不満を抱く魔物達を唆して味方に引き込み、勢力を伸ばして暗躍している。
グランベリア曰く「アリス」という名は魔王の血族にのみ名乗ることが許されるもので、大変な不遜であるとのことだが……


ネタバレ

























その正体は、アリスフィーズ8世。普段の少女のような姿もあくまで仮のもので、力を開放するとグロテスクな下半身を備えた異形の姿となる。
かつては歴代魔王の中でも悪名高く、暴虐の限りを尽くしたと云われていた。しかし、当時の勇者、ハインリヒ・ハインに討たれて死亡した。だが、女神イリアスの手によって復活し、彼女の命を受けて現魔王(アリスフィーズ16世)の人間との融和に反対する魔物達に力を与えて味方に引き入れ、蜂起させていた。
一見、復活させてくれたイリアスに忠誠を誓っているようにみえるが、裏で解放したプロメスティンらとともに別の計画を企てている。
性格は残忍な愉快犯そのもので、面白半分で行動しているような箇所が目立つ。また、従う魔物以外からは非常に評判が悪く、特に研究所をバラされたプロメスティンからは狐呼ばわりされている。これに対しては兎がいいと反論している。
その計画はイリアスを喰い殺して最強生物(聖素と魔素の融合によるもの)になり世界を無茶苦茶にするというもので、そのためにプロメスティンに「白の兎」という究極生物を生み出す薬を作らせて自身に使用してイリアスを喰い殺した後ルカとアリスと戦闘になる。巨大な紫色ののような姿になり、世界を揺るがすレベルの力で襲い掛かるも敗北、最後はドロドロになりながら消滅した。

関連タグ

もんむす・くえすと! アリスフィーズ 女神イリアス プロメスティン エデン(もんむす・くえすと!)
外道 ロリババア   ラスボス臭
不思議の国のアリス……容姿のモチーフ。「白の兎」という言葉もこの童話から来ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「黒のアリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32254

コメント