ピクシブ百科事典

嫌田悲恋

やだかなこ

週刊少年ジャンプ連載作品「左門くんはサモナー」に登場するキャラ。元ヤンのモテない肉食系女子。

概要

天使ヶ原桜の幼馴染その2。私立算文高校に通う、高校2年生。

見た目は地味な文化系メガネ女子だが、実は元ヤンの超武闘派女子。
そのうえ、死ぬほどモテないのに超肉食系という難儀な性質の持ち主。
あだ名は「ヤーさん」。

人当たりのいい天使ヶ原、溌剌としている嬉村とは対照的に、クールな性格。
しかし奥底には、強烈な恋愛願望とリア充への嫉妬心を秘めており、モテなすぎてかなり性格がこじれてしまっている。また、嬉村とは別のベクトルで脳筋

常に彼氏を欲しているが、あまりにも荒っぽい性格や、女傑としての風評が災いして、作れないままでいる。
自分なりにモテる努力はしているのだが、あまり実を結んだ様子はない(例として、天使ヶ原とともにサキュバスの恋愛テクニックレッスンを受けたが、常に暴力の影がちらつく恐ろしいアピールしか出来ずに終わったなど)。メガネもその一環で、実は「メガネはモテる」という情報を信じて視力2.0なのに伊達メガネをかけている。つまりそもそも文化系ですらない
ただし実は、天使ヶ原や笑美と比べても頭ひとつ飛びぬけた美人。天使ヶ原は「暴力的な面を隠せば普通にモテるはず」、笑美は「気絶した状態ならミスユニバースを狙える」とそれぞれ評価している。さらに加えて、174cmの長身を鍛え上げてあるためスタイルも非常に良く、作者いわく「見た目だけなら芸術品」とのこと。
例外的に茨木童子にだけは恋心を抱かれており、何度もアタックをかけられているが、不良と見るとつい敵と判断してしまう性分のせいでまったく気づいていない。

中学時代は、不良集団「仏血霧(ブッチギリ)」の初代総長としてチームをまとめていた大物ヤンキーであり、高校入学とともに総長の座をある人物の妹に譲り、堅気に戻った。
当時の服装は、サラシに白い特攻服。その間から覗く腹筋は、見事に割れていた。
現在でもその腕っぷしは衰えておらず、「リア充爆発しろ」の発作とともにスチール缶をたやすく握りつぶすほど。また、茨木童子の配下の鬼達を一人でボコボコにしている。
まさに女子力(物理)」を地で行く超武闘派女子であり、他クラスの男子生徒からは『2B組の毘沙門天』と呼ばれていた。

現在は天使ヶ原、嬉村とよく一緒に行動しており、左門や九頭龍とも、よく遊ぶ間柄になっている。
嬉村とは違って悪魔の存在を知っている。
当初は「(欲望に忠実である姿が)素敵だと思う」と言ってくれた左門のことをひそかに狙っている……という設定だったが、最近はむしろぞんざいに扱うことが多く(左門の好みをまるで考えない弁当を差し入れるなど)、スキー旅行の回では天使ヶ原に「左門のことが好きだとしたら男の趣味悪すぎ」と断言している。

関連タグ

左門くんはサモナー 天使ヶ原桜 天使ヶ原輪 茨木童子

紅本明里:『実は私は』の登場キャラクター。彼女もヤーさん同様の元ヤンで、男にモテないことに強くコンプレックスを抱いている女教師。また、自分が務める高校の校長である高祖母は正真正銘の悪魔である。

pixivに投稿された作品 pixivで「嫌田悲恋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37595

コメント