ピクシブ百科事典

市川房枝

いちかわふさえ

愛知県出身の政治家、女性運動家。
目次[非表示]

概要

女性の地位向上のために一生を捧げた政治家参議院議員)。をかけない理想選挙を掲げ、どの政党にも属さなかったことで知られる。(生涯無所属)

経歴

1893年愛知県農家に生まれる。
地元小学校教師新聞記者を務めた後、上京し、大正デモクラシーの影響を受け、女性権利拡大のために活動しようと決心する。
1920年、女性の参政権を目指し、平塚らいてうらと新婦人協会を結成。戦後、女性参政権が実現すると、参議院議員に初当選する。市川のやり方はどの政党にも属さず(無所属)、組織に頼らないことだった。手弁当で応援してくれる支持者とともに政治活動を続けた。
1981年死去

市川が女性問題に関心を持った理由

市川房枝は子供の頃、に対して暴力を振るう(DV)のを見て育った。しかし母は「女に生まれたのが運命だから仕方ない」とあきらめ顔だった。房枝はそれを疑問に思い、女性問題に関心を持つようになった。

余談

1974年の参議院選挙にて、のちに民主党議員内閣総理大臣となる菅直人が市川の選挙スタッフ・事務長を務めていた。菅は市川の愛弟子を自称していたが、のちに市川本人は菅のことを見限っていたということが発覚している(理由は菅が衆議院選挙で初当選した際の彼のやり方が市川の理念に反したものだったことだとされている)。

関連タグ

平塚らいてう 土井たか子 フェミニスト

pixivに投稿された作品 pixivで「市川房枝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31

コメント