ピクシブ百科事典

搾精病棟

さくせいびょうとう

同人サークル「搾精研究所」による成人向けCG集。
目次[非表示]

概要

サブタイトルは~性格最悪のナースしかいない病院で射精管理生活~

気弱な主人公が病院のナースたちに組み敷かれ精子を搾り取られるというコンセプトのM向けエロCG集だが、「性格最悪のナースしかいない」の表題に恥じぬ濃ゆすぎるドクズナースのオンパレードでネタ的な人気を博す。特にヒロインの一人アマミヤ先生の台詞回しが話題となり密かに知名度を得始める。基本は一話完結のCG集だが、徐々に闇深きナースたちの複雑な人間模様と、病院に渦巻く陰謀をめぐる熱い(ヤバい)ドラマが展開されていく。

2019年に入ってから、他の同人アダルトCG集とは一線を画す秀逸なストーリーや独特のキャラクターがTwitterや掲示板などインターネット上で少しずつ話題となり、特に登場人物の1人「アマミヤ(先生)」の言動がふたば☆ちゃんねるで取り上げられたことから大いに注目を集めることとなった。

DLsiteおよびFANZAにて、2018年12月17日から2019年10月21日にかけて制作・発売された。(全11話)
1〜10話までは770円で販売されたが、最終話のみ990円となっている。ただし、最終話は543ページという圧倒的なボリュームとなっている。
しかし後述のある事情により配信停止となった。

あらすじ

主人公ヤマダは、「3時間ごとに射精しないと睾丸が腫れて激痛が走る」という奇病にかかっており、両手骨折で入院した病院で、看護婦による射精処置を受けざるを得なくなった。しかし、週替わりでヤマダの処置を担当するのは、いずれも人格に問題のあるナースばかりで……
やがて、ナースたちとかかわっていくうちに病院の闇を知ることになり大きな決断を迫られることがある。

登場人物

ヤマダ
主人公。エロCG集の主人公らしく目が描かれない特徴のない男。小柄で気が弱く、両手を骨折していることを考慮してもナースたちに一方的に虐げられるばかりで非常に情けない。その上ところどころ図々しい面も。一応、人並みの常識と思いやりを持つという本作では稀有な長所も併せ持つ。時に漢を見せることもあり、ひどい行いに怒りを見せることもある。少年のように見えるが、描写やタチバナの言葉からおそらく大学生だと思われる。


若手ナースたち

病院内で業務をこなすナースたち。
激務や劣悪な環境に加え、お局ナースたちに仕事を押し付けられたりいびられているためか精神に余裕がないナースも少なくないようだ。

同期3人組



タチバナ
①から登場。
患者のヤマダに対して嫌悪感を隠そうともしない刺々しい態度のナース。終始不機嫌な表情で事務的に吐精処理し、露骨に暴言を吐く。逆らうヤマダに対する横暴などはとても善良とは言い難いが、これでナースたちの中ではトップクラスにまともな人間であるという事実が、本作の恐ろしさを如実に表している。
(実際のところ勤務態度はいたって真面目で普通の倫理観を持ってはいる)
他のナースたちと違い終始ヤマダを本気で嫌っていたが……?

クロカワ
➁から登場。
不気味な笑みを浮かべた卑怯、卑屈な陰湿ナース。逆らえないヤマダに陰湿な嫌がらせをして日頃の憂さを晴らす。強者には委縮して陰で恨みを募らせ、さらには同僚にまで単なるひがみを拗らせて悪質な嫌がらせをする。しかも脅迫したヤマダをそれに協力させるなど卑劣極まりない人物。当然周囲からの評判は良くないが、そんな自分を悲観している節があり、同じ「クズ」と見なしたヤマダに密かに仲間意識を持っている様子。ヤマダとの関係から一部ではメインヒロインとも称される。

ヤマグチ
➂から登場。
非常に乱暴でガラの悪い元ヤン金髪ナース。ナヨナヨしたヤマダとは相容れるはずもなく、格下と見下し乱暴な処置をする。実は恋愛に対しては非常に臆病で、全く恋愛対象ではないヤマダを素で接することができる相手だと言い悩みを相談するという一面も。粗暴だが義理人情には厚い性格で、ヤマダや他のナースを気遣う場面も散見される。

最下層三人組



モチヅキ
④から登場。
優しくて穏やかなナースだが、幼少期の経験からストレスを感じると自慰に耽る癖がある。仕事では失敗が多く、そこに勤務先の最悪な人間関係も相まって自信を無くしてしまっており、それに伴って自慰癖も病的に悪化している。性に関わる辛い経験からヤマダとは意気投合するも、暴走した性欲で彼をズタボロにしていく。人格自体は善人に違いなく、院内では数少ないヤマダに好意的なナースである。
後述のヒラマツと一緒に行動していることが多い。

ヒラマツ
⑤から登場。
とんでもなく無気力で、ヘッドホンをしたまま勤務するサボり魔ナース。搾精時は終始マグロで、終いにはそのままヤマダのベッドで寝てしまう。酒が入ると一転して呂律が回らないほど陽気になる。彼女に引きずられてヤマダも自堕落生活に堕ち、結果として災難に巻き込まれた。問題人物だが能動的に何かするということが無いため、直接ヤマダを害することはほとんどない貴重な存在。


3大お局

看護師長の元病院内で絶大な権力を持つナースたち。
病院内で傍若無人に振る舞い、若手ナースたちから恐れられている。
物語の中盤から山田の担当になり牙をむいてくる。

三大お局ナース



ヌマジリ
3大お局の一人。④でもモチヅキをいじめるナースとして登場したが、⑥から本格的にかかわってくる。生粋のサディストで、薄ら笑いを浮かべながら嫌味・小言をまくし立てることが趣味の粘着質ナース。彼女のセリフには常にネチネチという効果音が付いてくる。特にミスの多いモチヅキは格好のいびり対象。冴えないヤマダもまた彼女の絶好の標的とされ、ペットにすると宣言した。男に対しての嫌味にはからかいが混じるが、女に対しては徹底的に虐め抜くような嫌味になるらしい。

キリタニ
3大お局の一人。一見清楚で心優しいナースだが、その内面は男を虐げて服従させることが大好きな超腹黒ナース。ヤマグチ曰く根っからのボスザル気質で院内には彼女の傘下にあるモブナースが大勢いる。元ヤンで怒ると非常に凶暴になることから「キレタニ」の異名を持つ。反面強い相手を見抜く能力がある。同じ支配者気質のお局ヌマジリとは拮抗する関係で、ライバルとも言える。


テンドウ ミア
3大お局の一人。子供のような言動で終始笑い声を上げながら、ヤマダや他のナースに非常識な行為を働くサイコナース。仕事もまともにしていないようだが、看護師長の妹であるためか放置されている。親からの虐待に遭った経験があるらしく、父親のことを思い出すと一転して泣き叫びながら相手を絞め殺そうとする。ヤマダに危害を加えたナースの中でも危険度はひときわ高い。

やべー奴ら



アマミヤ
⑧から登場。
病院所属の女医で薬学博士。小柄で白衣の袖がいつも余っている。常に大声で叫ぶように話すためめちゃくちゃうるさい。ヤマダの奇病に興味を示し、精液のサンプルを取ろうとする。数々のアブない薬物を開発し、ろくな実験も手続きもせず使う真性のマッドサイエンティスト。作中でもかなりヤバい部類の危険人物なのだが、表裏なく暗さとは無縁のぶっ飛んだおバカな言動から、作中でも屈指のネタキャラかつ人気キャラ。彼女の登場シーンが本作の知名度を飛躍的に上げた。

結果だけ書いた新薬の論文を提出しようとした彼女を止めた教授とのやり取りは改変のしやすさから特に多く使われる。(ちなみに似たようなやり取りが同作者の過去作品にあるため、セルフオマージュだったりする。)
「とにかく・・学会への提出は認めん・・ 病院のブランドに傷がつくからな・・」
「なにが病院ブランドですかぁああ!!こんなジジババのたまり場に権威なんてありませぇええん!!」
「なんだとぉ・・・」

オオツカ
190を超す巨体ナース。元柔道国体王者で、アマミヤのパートナー的存在。並外れた怪力と頑丈さを誇るが性格は純情で口下手。恩人であるアマミヤに付き従っているが、オオツカ自身は割と善良な人間であり、アマミヤや他の人物の奇行に対して引いている節もあるが、良くも悪くも体育会系な性格が災いして咎めることができないでいる。おそらく本作唯一の処女。


テンドウ マコ
⑤より登場。
目つきの怖い看護師長。お局よりも上に位置する最高権力者で、誰も彼女に逆らえない。彼女自身もその強権を振るいキツい態度を取るが、妹であるミアにだけは甘く、病院を彼女の遊び場とまで言い切っている。なぜか黒い長手袋をしている。裏でお局ナースたちと組んで何かを行っているようだが……?

販売停止とその後

最終話配信直後、ブームの最中にあった2019年11月、制作に使った3DCGツールの規約違反により販売が停止される。これは、髪型を描くのに使用したツールは成人向け作品での商用利用が禁止されていたためであった。(その旨の規約を製作者が見落としてしまっていたため)
その後スキルマーケットのココナラで書き直しの仕事を募集したが、ココナラでは成人向け依頼の出品が許可されていなかったため削除された。

この騒動の後、作画:ぺに健で完全書き直しによる漫画化の企画が立ち上がった。

2020年4月17日に小説版が美少女文庫より発売。
文章・挿絵ともに作者本人によるもので原作にはない短編が二本収録されている。
Amazonで予約開始時にAIが医学書と勘違いしたのか病院管理学カテゴリーで売れ筋ランキングに入ってしまい、原作者が問いあわせ修正してもらうというアクシデントが発生した。

そして、現在CG集は規約に該当していた髪型を「デジタル職人株式会社」の協力のもと直しながら再販準備中。

2021年4月30日にエロゲ版も発売予定。タイトルは『搾精病棟~性格最悪のナースしかいない病院で射精管理生活~』(予告ツイート
また同日にピンクパイナップルより荒木英樹監督の18禁OVA(『搾精病棟 THE ANIMATION ~タチバナ編~)』が発売予定。

逸話など

見事な伏線回収や破綻のない設定・展開など、ストーリーが評価されることが多い本作だが、最終話発売後に公開されたブログの後書き記事(現在はブログ自体が削除されている)では
「私は占いというか、儀式というか、ダウジングのような方法でいつもストーリーを決定しています。
質問したことにYES、NOでしか返ってこないため、万能ではありませんが、
とても役立つ方法です。」
と言及されている。
また、ストーリーの展開は制作中に少しずつ変化していったことも明かしている。

作者は制作中自律神経が乱れて体調が悪く、特にアマミヤ先生の出てくるあたりは不眠に悩まされていたため、彼女のハイテンションな台詞回しで変なテンションになっていたと振り返っている。10話の作業が終わったあたりはかなりよくなり、サウナと水風呂が効いたという。

関連タグ

同人サークル R-18 オリジナル作品

外部リンク

関連記事

親記事

搾精研究所 さくせいけんきゅうじょ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「搾精病棟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2672992

コメント