2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

日常の謎

にちじょうのなぞ

「日常の謎」とは日本の推理小説のジャンルの一つ。英米のコージー・ミステリと重なる面 が多い。
目次[非表示]

概要

北村薫の《円紫さんと私》シリーズ第1作目「空飛ぶ馬」が発端とされる日本の推理小説のジャンル。概ね下記の特徴を持つ。

  • 日常生活中に突如起きた謎を1人~複数人で推理、解決する
  • 殺人事件が起きない、殺人犯が存在しない
  • 基本的に本格推理であり、変格であっても推理小説としての体裁から逸脱しない(謎の解決に推理を用い、超常現象等を持ち出さない、など)
  • 日常を舞台としながらも非日常の象徴たる謎を推理し、元の日常へと収束させる点が日常系とは異なる。
  • 舞台は現代社会とする(時代劇や歴史もの、近未来SFではない)

ジャンル自体は北村薫の「空飛ぶ馬」の影響を受けて定着したものであるが、別に上記の要素は同作が発端というわけではなく、そのような推理小説は海外も含めて普遍的に存在している(英米の「コージー・ミステリ」と言われるものがこのジャンルと重なる面が多い)。したがって、特に「日常の謎」と銘打っていなくても上記の要素を兼ね備えた小説は膨大な数に上る。

ジャンル普及においては、推理作家若竹七海が、その昔、書店員として接客時、顧客から「1000円札50円硬貨×20枚分に両替して欲しい」という両替依頼を受けて両替後に考察しても答えが出なかった経験をネタに戸川安宣他、法月倫太郎、依井貴裕、若竹七海を審査員とした(法月、依井、若竹は解答者兼任)一般公募によるアンソロジー小説『競作 五十円玉二十枚の謎』での商業的実証が決め手とされる。

主として同ジャンルの推理小説を手掛ける推理作家には北村薫のほか、米澤穂信、加納朋子、坂木司大崎梢近藤史恵、若竹七海等がいる。

日常の謎とされる推理小説

※記事が存在する単独作品ないしシリーズ作品のみ


関連イラスト

空飛ぶ馬/北村薫
『日常の謎』×『青春ミステリ』


外貨でも構わないらしい
ゆずりゆずられ



関連タグ

日常系 クイズ 性善説
ライトミステリー アントールドストーリーズ

外部リンク

日常の謎
『日常の謎の作り方』坂木 司
日常の謎 - Wikipedia
日常の謎 - ニコニコ大百科
日常の謎 - はてな

関連記事

親記事

新本格 しんほんかく

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57609

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました