ピクシブ百科事典

松田明日香

まつだあすか

松田明日香とは、『着信アリ』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

演:堀北真希

ホラー映画着信アリ』シリーズ完結作『着信アリFinal』に登場するヒロイン。

安城高校2年C組に在籍する女子高生
もう一人のヒロイン・草間えみりとは小学校時代からの幼馴染みであり、親友同士。持っている携帯電話には、えみりとお揃いのイルカのストラップをつけている。
クラスでひどいいじめを受けていたために一人韓国行きの修学旅行を欠席している。
クラスメイトからは「パム」というあだ名で呼ばれていた(あだ名の由来はスパムメールから)。

しかし修学旅行中、「転送スレバ死ナナイ」と記された、“誰かに転送すれば助かるが、代わりに転送を受けた相手が死ぬ”死の予告電話がクラス中に広まり、着信を受けたクラスメイトが次々と凄惨な死を遂げていく事件が発生。
一人修学旅行を欠席した明日香はパソコンを通じて自分をいじめていたクラスメイトの携帯に死の予告電話を送りつけることでいじめの復讐を行い、画面越しからのクラスメイトの無惨な死に様を見て嘲笑う復讐鬼と化していた。

当初着信を受けて死んだのが日頃から明日香をいじめていたクラスメイトばかりだったことで、その死の予告電話は「パムの呪い」と呼ばれるようになるが、その恐怖はいじめに関わらず、見て見ぬフリをしていたクラスメイトや事なかれ主義の担任教師にまで降りかかることになる一方、明日香と同じようにクラスでいじめられていた一人の男子生徒は着信を受けた際、今まで自分をいじめていた首謀格の男子に転送することでその相手を死に至らしめ、復讐を達成して狂喜笑いをしていた。

関連タグ

着信アリ
悲劇のヒロイン いじめられっ子
復讐鬼 殺人鬼 草間えみり
野咲春花…クラスで壮絶ないじめを受けた末、復讐鬼と化した少女。











※以下、ネタバレになります!!ご注意ください。









…実はパソコンを通じてクラスメイトの携帯に死の予告電話を送り、復讐劇を首謀したのは明日香本人ではなく、明日香に化けた水沼美々子である。
本物の明日香はいじめを苦に夜中の学校で首吊り自殺を図るが、その際用務員に早く発見されたため未遂となり、意識不明の状態で入院していた。
また、明日香は物語冒頭で美々子から最初の着信を受けており、最初の犠牲者となったいじめの首謀格の女子は明日香から転送の形で着信を受けたために届いたメールは既に転送済みであって、その翌日に明日香と同じ首吊り死体となって発見された。

クラスで最初にいじめを受けていたのは親友のえみりであり、明日香が彼女を庇ったことから今度は明日香自身がひどくいじめられるようになってしまい、再びいじめられることを恐れ、明日香を助けることができなかったえみりは「明日香はクラスの誰よりも私のことを恨んでいる」と、強い罪悪感に苛まれていた。

えみりの決死の呼び掛けで意識を取り戻し、韓国での死亡事件を知り、復讐を望んでいなかった本物の明日香は今までの犠牲は全部自分のせいだと思い、今までいじめから庇っていたえみりに「つらいのは充分にわかっていたから、もう自分を責めたりしない」と言い残し、美々子を連れて彼女が行くべき所にえみりの代わりに行こうとしていたが、えみりのボーイフレンドのアン・ジヌらが土壇場で思いついた方法によって美々子の魂が消滅し、生還。
しかしえみりは自らを犠牲にしたアンの死を目の当たりにしたショックで心身ともに壊れてしまうが、日本へ帰国後、明日香と一緒に約束していた海へと出掛けた。

真の関連タグ

着信アリ 水沼美々子
悲劇のヒロイン 草間えみり

コメント