ピクシブ百科事典

枝垂ほたる

しだれほたる

「週刊少年サンデー」連載の漫画『だがしかし』の登場人物。
目次[非表示]

CV:竹達彩奈

概要

だがしかし』第2話、「第2かし:うまい棒」から登場する、本作のヒロイン

都会的な雰囲気のスタイル抜群な美少女で、その正体は超大手お菓子メーカー「枝垂カンパニー」の社長令嬢
だがしかし、病的な駄菓子好きで、駄菓子の事となると我を忘れ、ハイテンションにトリビアを語りまくる残念な美少女でもある。

鹿田ヨウをスカウトするため、田舎駄菓子屋(シカダ駄菓子)に突然現れたが、その息子である鹿田ココノツの、父をも超えるすさまじい才能に惚れ込み、なんとか彼を駄菓子の道へ引き込もうと決める。
以降は、わざわざ別荘まで建て、ココノツの家の駄菓子屋にやってきては、駄菓子を食べ、駄菓子を熱くあつ~く語る日々を送る。

常に自信満々で偉そうだが、天然ボケなところがちらほら見受けられる。
前述のとおりかなりの美少女で、巨乳巨尻。そのためココノツからは恋心を抱かれているが、なかなかそれにこたえる様子はないようだ。

年齢は不詳だが、作中の回想シーンから、少なくとも高校生以上と思われる。
一応、作者の中ではある程度決まっている様子(ココノツ、遠藤兄妹よりも年上説あり)。

たびたび「オッティモ」という言葉が添えられるが、これは第2話の彼女の台詞のひとつであり、イタリア語で「おいしい」を意味する言葉である。

アニメ版では痛い人?振りに拍車がかかり、主人公ココノツに勝負をかけ敗北?し、アイスを食べながら自転車に乗りそのまま田んぼに転落、その後遠藤サヤに助けられ(一応)シャワーを借り全裸のままに挨拶している。また、わたパチを口内炎の時に食べて、痛みを堪えた後の快感について熱く語っているため、M寄りではないかとも思われる。

外見

藤色やラベンダー色と称されそうな薄紫色の髪に薔薇の飾りのついた黒いカチューシャをしている。
瞳はぐるぐる目(正確には同心円)。
白いブラウスに黒いサスペンダー付きの黒のスカート、胸を強調するようなデザインの衣装(いわゆる「童貞を殺す服」と称されるデザインの服)をよく着ている。
一応ブラウスやスカートのデザインは毎回違っている。…似てるけど。
たまに髪型を変えてくることもあるが、特に触れられない場合が殆どである。
手首にゴスロリでいうところのお袖留め(レースカフス)っぽいアクセサリーをしている。

関連イラスト

センシティブな作品
無題
だがしかし 
だがしリュック
だがしかし
センシティブな作品


関連タグ

だがしかし 週刊少年サンデー 少年サンデー
紫髪 仁王立ち 腕組み 巨乳 巨尻 残念な美人 ドM
大和(艦隊これくしょん)←中の人が同じ。巨乳、ラムネ好きと共通している点がある。
輿水幸子←中の人が同じ。薄紫色のショートヘア、お嬢様系、非常に自信家な性格等共通する点が多い。

たくのみ。:テレビアニメ版では2期が15分ハーフで同じ枠(『だがしかし2』が先に『たくのみ。』があとに放送)で放送される事もあり、向こうの駄菓子回(第9話の男梅サワーの回の酒の肴に駄菓子が登場。しかも同回にてたくのみ。の主人公天月みちるが駄菓子屋を懐かしむ場面で幼少期のほたるが登場し「ここにも彼はいなかったか」と言っているのでヨウを捜しに岡山まで出向いていることになる〈みちるが岡山出身〉しかもとある飲み方で男梅サワーを飲んだ際の感想でみちるがオッティモ!!と言っている)でさりげなく登場する。しかも、キャストはそのままである。













ネタバレ注意

夏の終わりを境に「ホームランバーの当たり棒」をココノツに渡して彼の前から姿を消し(この間、駄菓子屋の方に尾張ハジメが住み込み店員として居候する様になる)、彼女がココノツと再会するのは枝垂桜ともとも程遠い、寒く長いが訪れてからとなった。



実年齢疑惑

作者も明確な設定はしておらず、「読み手が其々の想像をしてくれたらよい」との事から、ココノツと比較しても高校生以上の年齢だと多くの読者からは想定されていた。
だがしかし、作中でも時折ヒントと成り得そうな箇所が描かれており、随分と昔の駄菓子パッケージの変化を小学生時代から目の当たりにしてきていたり、サヤと干支が同じ等の発言からして、おおよそ28歳前後なのではないか…という説が最有力 濃厚である。

関連記事

親記事

だがしかし だがしかし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「枝垂ほたる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35077179

コメント