ピクシブ百科事典

歴戦の勇士

れきせんのゆうし

戦国無双Chronicleシリーズの主人公(通称) ※イラストは女性ver
目次[非表示]

プロフィール

初期武器大太刀/双剣
CV(男性)神谷浩史(熱血) 小西克幸(知的) 河内孝博(勇壮) 白石涼子(快活) 金本涼輔(豪放)
CV(女性)庄司宇芽香(純真) 永島由子(才女) 鈴木麻里子(勝気) 前田愛(活発) 鈴木真仁(優美)
無双奥義・奥義皆伝の文字男性『駆』『翔』・女性『冴』『澄』


概要

戦国無双Chronicleシリーズの主人公
名前・性別・顔・体型・髪・音声・家紋・無双奥義中の漢字を選択可。
戦国無双Chronicle3ではゲーム中に性別の変更も可能となっている。
また表示グラフィック・家紋・無双奥義中の漢字は、あらかじめ用意されているものから、画像を取り込むことによって、さらに細かく設定することが可能。
なおプレイヤーが任意で名前を設定できるエディットキャラクターである以上、イベントシーン等で名前を呼ばれる事はなく、通称である「歴戦の勇士」等に置き換えられている。

デフォルトでは、それぞれ男性が太陽、女性が月と星を意匠化されたアクセサリーや家紋、それに武器を用いる。
Chronicle3では大幅にデザイン変更されたが、女主人公の月モチーフの髪飾りは引き続いて使用されている。
また無双シリーズ討鬼伝のエディットでも同じ髪型が使用できるため、同作をプレイしていない人にも意外と馴染み深い。

レア武器は男性用の大太刀が七代伊坐那岐と天裂禍津日刀、女性用の双剣が弐天伊坐那美と地裂瀬織津剣。
条件を満たせば、一般武将用の刀、槍、薙刀なども使用できるように。

歴戦の勇士の名の通り、並み居る有名武将の中に於いても、特に武勇に優れた存在として、周囲からは一目置かれ、広い人脈を含め、様々な面で頼りとされる存在。
史実ルートひとつとってみても信長の側近、秀吉の腹心、また天下人となった徳川家康に対し、堂々と苦言を呈したり、戦国最強である本多忠勝本人から好敵手として認められるなど、かなりの大物ぶりを発揮する。
ルートによっては本編の主人公である真田幸村と共に東軍本陣へ突入したりと、熱い展開を繰り広げる。
ナンバリングやルートごとに立ち位置が若干異なるが、シリーズを通して竹中半兵衛とは浅からぬ因縁を持つ。
特にChronicle3では主人公の目的を知る唯一の人物となっており、理解者であるような態度を見せる。
また毛利元就からは、様々な歴史事変についてレクチャーを受けている描写も見られ、阿国との関連性も含め、架空の英雄というより、一歩遠のいた立ち位置から歴史を見守っているとする向きもある。

プレイの仕方にもよるが、Chronicle2ndからの登場となった藤堂高虎井伊直虎に対しては、草創期から天下泰平まで、ほぼ生涯を通して関わりを持つこととなる。
その他のキャラクターについても、戦死・病死を問わず、多くの死を看取り、想いを託されるのも彼(彼女)の特徴のひとつ。

古くは河越夜戦から大坂の陣まで、実に七十年近くを戦い抜くため、年齢については明らかとされていない。
これは他の無双武将にもいえることだが、比較的、歴史の流れに沿って、登場及び退場となるChronicleシリーズに於いて、デフォルトの状態で全ての戦場に出撃できるのは彼(彼女)だけである。
(DLC・美女決定戦など性別によっては出撃できないMAPも用意されてはいるが)
Chronicle、Chronicle2ndに於いて、石田三成に「左近の古馴染み」「俺が生まれる頃より名の知られた高名な戦さ人」と評されることがあるので、実際はかなりの年齢になると思われる。
しかし、最も古い年代から関わることになる北条ルートに於いては、北条氏康の息子である北条氏政・氏照兄弟、成田氏長の娘・甲斐からは弟(妹)として扱われており、その設定には謎(矛盾?)も多い。

上記の通り、敵味方を問わず、ほとんどの無双武将から好意あるいは敬意を抱かれることとなる。
また浅井ルートに於ける遠藤直経、斎藤龍興、武田ルートに於ける武田勝頼、毛利ルートに於ける毛利隆元、北条ルートに於ける北条氏政・氏照、真田ルートに於ける真田昌幸(幸村と信之の父)など、一部のモブ将たちからも高く評価され、同志・盟友扱いを受けていることが多い。
また彼等の多くが主人公に想いを託して散っていく様は圧巻である。

しかしChronicle3では無双武将の増加に伴い、物語を彩っていた彼らの描写が大幅に減ってしまった。
その代わり、半兵衛と共に泰平を導ける三人の男を探すという、美濃の斎藤道三の依頼を受け、天下を見定める役目を負っている設定となっている。

前作に比べ、影が薄くなったとも言われがちだが、実際は、

・川中島以来の宿敵であった武田と上杉を和睦させて、信玄の上洛を成功させる
・今川義元を桶狭間の窮地から救い、天下布雅を世に示させる
・姉川の絶対的不利を覆し、信長を従えて、長政の目指す天下を目指す
・前線指揮官として上杉謙信を毛利へと招聘することで信長包囲網を成功させる
・織田信長を本能寺から救出させる
・光秀に同調しなかったはずの筒井氏を説得して味方につけ、天下取りを実現させる
・お市に賛同することで賤ヶ岳の戦いにて秀吉・家康・景勝率いる連合軍を撃退する
・孤立無援の状況にある北条を救うため、犬猿の仲であった伊達と上杉の手を組ませる
・関ヶ原の戦い直前、東軍本陣へ乗り込んで、正則と清正を西軍へと寝返らせる
・決して避けられなかったはずの信之と幸村の兄弟相克を回避させる

など、到底実現不可能と思わせる数々の離れ業を披露している。

システム上のことといってしまえば身も蓋もないが、ここまでくると立派な人外といっていいだろう。

ある一定以上の条件をクリアすると、全ての戦場で無双武将が使用可能となり、彼(彼女)自身は無双武将の武器を使えるようになる。(ただし武器自体が体のギミックとなっている風魔小太郎を除く)
また友好度が親密になると、称賛・救援・敵邂逅の台詞が親しげなものに変化する。
特に相手が異性であると、キャラクターによっては想いを寄せているかのような反応を示すものも存在するため、無双武将とのカップリング描写も多い。

キャラクター性能

パラメーターはさておき、どちらも破格の武器性能を誇る。歴戦の勇士の面目躍如といったところか。
それぞれ専用武器は男性は大太刀と火縄銃、女性は双剣となっている。
Chronicle3以降は男女兼用となった(それ以前だと戦国無双4の流浪演武で既に実装されているが)。
大太刀の場合、騎乗状態からの火縄連射が非常に便利なのと、チャージ攻撃のほとんどが軒並み高性能を誇る。特殊技は効果も申し分ない上、発生から終わりまでほとんど隙がないため、キャンセルにも利用できる。
Chronicle3以降は神速攻撃が搭載されたこともあり、それに伴い若干弱体化されたが、それでも横槍を受けずらく、リーチもあるため俄然強い。
ただし神速攻撃を最後まで出し切ってしまうと、硬直時間の長さのため、思わぬ反撃を喰らいやすい。それだけは注意すべきところ。
双剣は珍しい通常攻撃タイプで、リーチは短めだが、広範囲をカバーするため、安定した運用が可能。
さらに無双ゲージが一本溜まった状態での特殊技が強力極まりない。
仮に属性が一つでも載っていれば、強制的にそれを発動させてしまい、さらに攻撃力までアップしてしまう。
これは浅井長政、藤堂高虎とほぼ同様の技だが、双剣は元々炎と氷の二種類の属性を持っているため、デフォルトでも相当強い。
使用する武器性能によっては、属性てんこ盛りのとんでもないことになりうる。
ものによっては、難易度・地獄の超強化ゾーンですら、紙切れ同然と化すことも…。

余談

戦国無双Chronicle3に於いては、「強き想いが歴史を動かす」というコンセプト故にか、メタ発言・及び行動が多々としてある。
先の未来で会うはずの阿国と、別のルートでの過去で出会った際に(本来ではあれば初対面にも関わらず)久しぶりといわれたり、過去に戻って、再びイベントを見返すと、若干、内容が変化することがある。
また策が外れて、悲劇が訪れるであろう結末をあらかじめ知っているような素振りを垣間見せたり、ずっと先の未来で諭した内容を無双武将が覚えていたりと、プレイヤーの化身でありながら、その行動には謎も数多く残されている。
先二作は過去に戻ってやり直す、ループしているという設定の線引きが曖昧であったものの、Chronicle3に於いては歴史のifの先にあるものの大半が、新たな悲劇の幕開けとなり、それを回避することでエンディングを迎えられるなど、そもそもループすることを前提で話が進んでいるルートも多い。
明智ルートの「偶然性」など、彼(彼女)自身が積極的に介入しているイベントも存在する(その際、小少将は訝しみながらも力を貸している)。

一度、悲劇的な結末を迎えた上で、その未来を回避するため、過去へ遡ってやり直すという一連の流れは、同社の乙女ゲーム遙かなる時空の中で3以降のシリーズに搭載された運命上書きシステムに近い。

同社のスマホ用ゲーム戦国無双シュートに於いても、ほぼ同モデルが主人公のアバターとして使用されているが、その人気投票に於いて(女主人公が)なんと五位を獲得した
しかもランキング上位キャラクターの中で、唯一の女性キャラとなっている
人気投票参加は、石田三成役の竹本英史氏の希望を受け、鯉沼プロデューサーの鶴の一声で実現したものであり、本来はその候補にすら上がっていなかったことを踏まえると感慨深い。

参考リンク:『戦国無双 Chronicle 3』完成発表会&囲み取材の模様をレポート!

ちなみに同氏は「僕はChronicleシリーズの女主人公のビジュアルが好きなんですけど、投票する事は可能でしょうか?」等、彼好みのキャラクター造形であると発言し、会場を沸かせた。
そのためファンの間では、公式夫婦とも呼ばれることも。
しかし、次いで発売されたシリーズタイトル戦国無双4empiresに於いては、三成の正室とされる姫武将うたが参戦している。
ただし、これは本来、ナンバリングタイトルでは決して登場しない他無双武将の妻などと同様、正史とは関係のないパラレル設定と見做すべきだろう。

勿論、戦国無双4empiresでも、ほぼ同じ造形の新武将を制作することができる。
流浪演武準拠なので、声優など厳密には異なるが、決め台詞である「想いを力に変えていく」等、何かと「想い」を引き合いに出すなど、一部の台詞でニヤリとさせられる演出が取られている。

また、ファンにとっては嬉しいことに、DEAD OR ALIVE5 Last Roundの戦国無双コラボレーション衣装に於いて、Chronicle 3 verの女主人公=歴戦の勇士(女)の衣装が採用され、今後の活躍が大いに期待できる展開となった。

余談の余談となるが、去る2015年2月8日に行われた「戦国無双10周年記念コンサート」に於いて、戦国無双Chronicleのメインテーマともいえる「引導」が演奏されただけでなく、藤堂高虎役の松風雅也氏宛てに歴戦の勇士名義で会場に豪華な花輪が届けられ、来場したファンを驚かせた。
その際、松風氏自身も「歴戦の勇士さんから……」と喜びを見せている。

関連イラスト

主人公君
詰め込み


無双詰め⑦
アイコン用


三成さんと女主ちゃん(+α)ツイログ


クロセカ♂♀主落書き



関連項目

戦国無双 戦国無双Chronicle 戦国無双Chronicle2nd
戦国無双Chronicle3 戦国無双4
エディット武将 新武将 女主人公 男主人公 もう一人の主人公
一級フラグ建築士
ヒトミ(DOA) 『DOA5』戦国無双コラボコスチューム(DLC)によって、ほぼ完コスを実現している

pixivに投稿された作品 pixivで「歴戦の勇士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 270750

コメント