ピクシブ百科事典

異世界料理道

いせかいりょうりどう

『異世界料理道』とは 小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載中のファンタジー小説である。 作者は同サイトで『召喚ノススメ』等も連載している『EDA』氏 同サイトにおいて増えている異世界転生物の作品。 だがタイトルからわかるように主人公が、勇者でもチート持ちでも巻き込まれたものでもない、 ただの料理人見習いという異色の作品
目次[非表示]

あらすじ

津留見明日太(つるみあすた)は17歳の高校2年生。
父親の経営する大衆食堂『つるみ屋』で働く見習い料理人だった。
ある日、『つるみ屋』は火災に見舞われ、父親の魂とも言える三徳包丁を救うべく火の海に飛び込んだ明日太は、そこで絶命してしまう。
そして気づけば、そこは見知らぬ密林の真っ只中。
イノシシにそっくりの野獣ギバに襲われ、『森辺の民』を名乗るアイ=ファという少女に救われた明日太は、そこが異世界だということを知る。
ガスコンロも冷蔵庫も存在せず、人々はただ生きるためにモノを喰らう。
「食事」の喜びが忘れられた異世界で、見習い料理人が無双する!

登場人物

アスタ

「不味い!」
本作における主人公。17歳。
本名は津留見明日太だが呼びにくいので専らこう呼ばれている。
前述の通りの高校二年生の見習い料理人で父親の魂とも言える三徳包丁を救うべく火の海に飛び込み絶命、異世界へと飛ばされ、紆余曲折あり、ファ家の家人となる。
そこで『森辺の民』のひどすぎる食生活を目の当たりにし、
持っていた三徳包丁を片手に奮闘する。
170cmと平均的ではあるが森辺においては「ひょろひょろの生白い小僧」と評される。

アイ=ファ

「……殺す」

ちびっこで「アイ=ファ」描いてみた。


本作における(おそらく)ツンデレヒロイン。17歳。

リミ=ルウ

「どんな味がするの? 食べてみたい!」

リミ=ルウ(初稿)


8歳。『森辺の民』のなかでも有力なルウ家の族長の末娘。

その他

ギバ

前述のとおりイノシシにそっくりで
二本の角と二本の牙、黒褐色の毛皮とずんぐりとした体型を有する雑食の四足動物。
『森辺の民』が唯一狩猟できる動物だが性格は凶暴。
牙や角、毛皮が取引可能でそれをもとにその他の食料、日用品を買う。

ポイタン汁

アイ=ファがアスタに振舞った料理(と思われるもの)。
ギバの肉にアリアとポイタンという生きるのに必要なものに胡椒混ぜて作ったもの。
匂いや風味だけは抜群に良いが、味も食感も最悪という代物。

関連タグ

小説家になろう 異世界転生

外部リンク

WEB版『異世界料理道』
公式サイト
コミックファイア(コミカライズ)
※書籍版(既刊14巻)イラスト及び漫画(既刊1巻)はこちも氏が担当している。

pixivに投稿された作品 pixivで「異世界料理道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6324

コメント