ピクシブ百科事典

神木出雲

かみきいずも

『青の祓魔師』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

年齢15歳(初登場時※)
肩書正十字学園 高等部1年生(1-A)/祓魔塾 候補生
希望称号手騎士
誕生日10月11日
血液型A型
身長164㎝
体重49kg
趣味・特技洋服や小物集め、勉強、少女漫画や恋愛小説を読む
平均睡眠時間5時間
平均入浴時間50分
好きな食べ物イタリアン
好きな言葉夕凪
好きな漫画のジャンルラブストーリー、感動ドラマ
好きな音楽のジャンルロックポップ邦楽、その他(特にガールズロック)
好きな異性のタイプ(無回答)
好きな休日の過ごし方ファッション誌や少女漫画を読む、買い物に行く
今一番欲しいもの犬の特大ぬいぐるみ(ゴールデンレトリバー)
コンビニでよく買うものスイーツ
夜眠れない時にすることお気に入りの漫画・小説を読み返す
CV喜多村英梨


概要

巫女の血統であるという祓魔塾の候補生。15歳。
手騎士(テイマー)の才能を持ち、一度に白狐二体を召還出来る。
ぱっつんツインテまろ眉は生まれつき。
気が強く自信家で、常に上から目線でキツい物言いをする。そのため、同じく気が強い勝呂とはしょっちゅう衝突している。
だが、小物集めが趣味だったり、少女漫画恋愛小説を読むことが趣味など、女の子らしく可愛い面もある。読書勉強中や、考え事をしている時に眉間にしわがよるのを気にしている。

初期の頃は朴朔子以外に信頼のおける友人がおらず、しえみに「お友達になって欲しい」と言われても内心ではそれを認めずに、自分の要求に反抗しないのをいい事に使いっ走りのように扱っていた。
しかしその後、祓魔塾を辞めると告白した朴に「そんな付き合い方は私は嫌い」と指摘されたり、戦闘時にしえみを始め他の塾生達に助けられたりしたことで改心し、祓魔師に必要な協調性を身につけようと、表では色々と言いながらも内心は思いやりのある性格に変わった。
いわゆるツンデレ

朴のことは本当に大事に思っているらしく、塾を辞める旨を聞かされた際には動揺を隠せず、更にしえみに対する態度を咎められたことで「唯一の友人に嫌われた」と勘違いし、自信を失ったことで心を乱した故に、直後に呼び出した白狐に逆に自分が襲われてしまったほど。

昔から陰口を言われ孤独だった経験からか、魔神の息子であると塾生全員に知られ敬遠されてしまったに対して、唯一そういった態度を見せず、普段通りに接していた。
(彼女曰く「人間と悪魔の混血」という存在は祓魔師の世界にはざらに居るらしい)

クロたんかぁいい!


可愛いもの好きのようで、クリスマスプレゼント交換の際にはぬいぐるみを用意してきたり、クロを目の前にして赤ちゃん言葉で話しかけるなど、普段の性格からあまり予想出来ない趣味を持っている様子。なお、そんな自分の姿は周りには必死に隠している。

祓魔師を志した理由や彼女の家のことなどは、今のところ不明。
回想らしきものも2コマほどしか無く、その過去に何らかの因縁があるように思われる。

月雲(つくも)という妹が一人おり、溺愛しているらしい。

稲荷神(いなりのかみ)

青の祓魔師/狐火


出雲の使い魔。二体の白狐で、前掛けにそれぞれ「御饌津」「保食」と書かれており、それぞれ「ミケ」「ウケ」と呼ばれている。
(「御饌津神(みけつのかみ)」「保食神(うけもちのかみ)」から取られていると思われる)
目が開いている方が「ミケ」、糸目の方が「ウケ」。ミケの方が気が強そうに威厳ある喋り方をし、対してウケはややのんびりとした口調である。
どちらも出雲と共闘する相棒ではあるのだが、出雲自身の未熟さもあるのか完全に従えているというわけでもなく、反抗されることも多い。

召喚の際の言葉は「稲荷神に恐み恐み白す 為す所の願いとして成就せずということなし」。
片方だけを呼び出したこともあり、その時に唱えた言葉は「保食神よ 成出給え」。

ネタバレ注意!

その出自は、稲荷大社島根県にあるとされる架空の神社)の祭祀を担う稲神家の分家・神木家の出身。ただし、母親は神木家であるものの、父親は稲神家の当代宮司・稲神宗璽という、いわゆる「分家の血筋にして本家の外腹の子」という複雑な生い立ち。
また、この二家は狐神との交わりを経て神通力を得た血筋であり、いわば出雲は、正に「人間と悪魔の混血」の末裔であったというわけである。

血が薄まりその力が一般人と変わらなくなった本家血筋に対し、かつて九尾の狐を討ち滅ぼした陰陽師が、それを封じ込めた魔石・殺生石を鎮めるために設けた分家血筋である神木家は未だに強い神通力を保っており、故に出雲らは悪魔を目にすることが出来、使い魔を使役する事が出来ていた。
(しかし、一般には見えないその存在を知覚できる出雲は、学校では孤立していた)

出雲の母・神木玉雲(たまも)は、母や人としては頼りのない人物だが、狐神らから愛され、六十四代目宮司として質の高い神楽・神降ろしを舞い、九尾を鎮める役目を堅実に果たし、娘たちのこともちゃんと愛していた。
しかし、夫婦となることを望んでいたはずの宗璽から拒絶されたことを切っ掛けに魔に魅入られる負の想いを抱え、果てには、封じていたはずの九尾に取りつかれてしまう。
娘である出雲らにも刃を向けるその姿を見た出雲は・・・・・・

関連イラスト

巫女!
神木


ごめんな
こんな世界に今更期待などしない



関連タグ

青の祓魔師
対クラーケン組

カップリングタグ
燐出 勝出 志摩出 金出 しえいず

pixivに投稿された作品 pixivで「神木出雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5883385

コメント