ピクシブ百科事典

目次[非表示]

cv:曽我部和恭速水奨(120%フルパワー)⇒亀山雄慈(100%本気バトル)

概要

暗黒武術会編で初登場した、裏御伽チームの大将。自称「千の姿と技を持つ男」。
怨爺の正体であり、ピエロの様な容姿で現れた(老人に化けていたのは、彼にとって老人が嫌いなものであり、嫌いなものに変装することで自らの闘争心を高めるためだったらしい)。浦飯チームとの闘いではナルシスティックな演説で幻海の怒りを買い、素手でフルボッコにされた。
他人に合わせた武器を作ることは得意であったが、個人としての戦闘力はさほど高くはなかった。なおチームの各メンバーに様々な闇アイテムを作ってやり、チームを勝ち進めた手腕は本物。
得意技は「レインボーサイクロン」、「爆肉鋼体」等。

「私のことを人にしゃべるとき 名前の前に"美しい"という言葉をつけるのを忘れるな!!」

まとーかすずき、無流血版。



試合の後には改心し、蔵馬桑原に決勝での勝敗を決定付ける重要なアイテム「前世の実」「試しの剣」を渡している(それぞれ、裏浦島死々若丸の闇アイテム、「逆玉手箱」と「魔哭鳴斬剣」のプロトタイプである)。今思えば、こいつがいなければ蔵馬も桑原も勝てるはずがなかったので、鈴木の功績は偉大である。
なお、これらのアイテムも彼の自作品。上記の通り様々な闇アイテムを作っており、実のところアイテム作成の腕はかなりのもの。その才能は幻海からも、天才的と評されるほどだったりする。

作中屈指のギャグキャラだが、素顔は普通にイケメンであった。
おまけに終盤で再登場した際は、上記のようなエキセントリックさはなりを潜め、これまた普通に好人物になっていた。なんなんだアンタ
ちなみに昔は「強い妖戦士田中」という名前だったらしく、戸愚呂(弟)に挑んだこともあったが、往生際の悪さに呆れられ殺されずに済んだとか。
その甲斐があって、魔界編で蔵馬の誘いを受けて地獄の修行を積み、その戸愚呂よりもはるかに上回る妖力(妖力値10万越え)を身につけた。この修行を経てすっかり真面目になっており、悪態をつく死々若丸の保護者のような立場に収まった。
しかし、魔界統一トーナメント本戦では戦うシーンも描かれず、格上の妖怪(おそらく雷禅の喧嘩仲間)に倒され、最終的な結果からすると噛ませ犬の噛ませ犬の噛ませ犬と化した。
アニメでは予選で新技「レインボーサイクロン・エクストラフラッシュ」を披露し他の出場者を飛ばして本戦に進むが、1回戦で桁違いの妖力をもつ相手に敗れたことが凍矢の口から語られている。

↓素顔

鈴木さん



闇アイテム

  • 奇美団子:裏御伽チームのメンバー・黒桃太郎に提供。3種類の存在が確認されており、それぞれ猿型・雉型・犬型の形態に順番に変身することができ、それぞれの動物の特性を生かした攻撃が可能になる。攻撃を受けた後に変身すると、その攻撃に対する耐性が身につく(つまり、彼を倒すには4種類以上の攻撃手段を持っていなければならない)。黒桃太郎専用のドーピングアイテム。黒桃太郎曰く「大抵は一つ目の『猿』でケリがつく」。
  • 逆玉手箱:同メンバー・裏浦島に提供。箱を開け、使用者以外の煙を浴びせた相手を任意の状態まで若返らせることができる。戦闘においては敵を最大で胎児にまで若返らせ、戦闘力を奪うといった使い方が可能である。しかし浦飯チームと戦った時、この道具を使った相手が悪く、蔵馬を本来の姿である妖狐蔵馬に覚醒させてしまった。
  • 死出の羽衣:同メンバー・死々若丸に提供。包み込んだ物体を遠く離れた異空間に転送することができる。死々若丸と対戦した桑原和真がこの攻撃を受けた。物体がどこに転送されるのかは、死々若丸本人にもわからない。桑原は無傷のまま別の闘技場に転送されてしまったが、試合は桑原の試合放棄(行方不明)という扱いで決着した。その正体は、小さなブラックホールの様な物体であり、鈴木は道具に頼らずとも自力で使用可能。
  • 魔哭鳴斬剣:同メンバー・死々若丸に提供。普段は通常の日本刀であるが、柄の部分を引き抜くと内部から死霊に似た形状の肉塊のようなものが現れる。武蔵坊弁慶も恐れたという、剣を振り回すことで霊魂(死霊)を次々と召喚でき、これを剣の攻撃力に転化できる武器。剣撃と共に霊魂を敵にぶつける大技・爆吐髑触葬は絶大な破壊力を生むが、使用者の死々若丸自身もかなりの妖気を消耗する。暗黒武術会での試合では幻海の「霊光鏡反衝」を受けてバラバラに砕け散ったが、アニメ版では妖力の上がった死々若丸に合わせて新調した「新魔哭鳴斬剣」(『100%本気バトル』では「真魔哭鳴斬剣」)が登場している。
  • 前世の実:魔界で発見された新種の植物、トキタダレ花の果実。飲めば一定時間前世の姿になる。逆玉手箱の原料。決勝前に鈴木が蔵馬に手渡した。以前は裏浦島にも渡したことがある。試しの剣同様、プロトタイプゆえに副作用の恐れがあり、蔵馬との戦いの最中、通常よりも早い時間で妖狐化が解けてしまった。しかし、南野秀一の身体に本来の妖狐蔵馬の力が戻り始めたことに繋がった。
  • 試しの剣:魔界の植物であるヒル杉で作られた剣。本体は柄だけで、持つ者の気を吸い取り成長する。刃の部分は持つ者の気と心情により姿を変える。魔哭鳴斬剣のプロトタイプ。決勝前に鈴木が桑原和真に手渡した。桑原は「必殺スペシャルソード」と称した。原作での使用は戸愚呂兄との戦いのみだが、アニメ版では戸愚呂弟に挑んだ際にも使用。前世の実同様、プロトタイプゆえに副作用の恐れがあり、桑原は武術会の後、霊力を一時的に失ってしまうが、次元刀の誕生に繋がった。

読者人気

その存在感から人気があるキャラクターだが、男性読者からは才能の種類を履き違えた結果による噛ませ犬っぷりからネタキャラとして愛されている一方、女性読者からは素顔の良さと死々若丸や六人衆との関係性から残念なイケメンとして愛されている。
pixivでもピエロ姿の鈴木が描かれることは少ない。
このように男女で愛でるポイントがかなり異なるため、企業が出している鈴木のグッズの大半がピエロ姿の鈴木であり、それらのグッズは中古で安価で出回る現象が起きている。
また新規イラストの鈴木のグッズが出る旨がネットニュース化されたとき「美しい魔闘家鈴木も描き下ろし!」とまるでピエロ姿の鈴木の描き下ろしグッズが出るかのような見出しであったが、実際は素顔の鈴木の描き下ろしグッズであった。

関連イラスト

むかしの
六人衆と蔵馬


関連タグ

幽遊白書 裏御伽チーム 死々若丸 黒桃太郎
桑原和真 蔵馬 幻海  鈴駒  凍矢

あひる

関連記事

親記事

裏御伽チーム うらおとぎちーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美しい魔闘家鈴木」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232767

コメント