2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

  1. 静岡市葵区長沼1丁目にある静岡鉄道静岡清水線(S06)。長沼工場と車両基地を併設する。
  2. 東京都八王子市長沼町にある京王電鉄京王線(KO-32)。


この他にも東京都稲城市稲城長沼駅が存在する。

長沼駅(静岡県)

旅するくまさん518「静岡鉄道長沼駅」


駅に隣接している長沼工場と車両基地(鉄道営業所)などがあり、静清線の拠点駅になっているほか、新清水方面への出入庫を兼ねた当駅折り返し電車の設定もある(新静岡方面への出入庫電車は西隣の柚木駅発着)。
停車は普通のみで、急行(東行)と通勤急行(西行)は通過。
南口から歩いて徒歩で約6分の距離に東静岡駅が存在する。
長沼という駅名を名乗る3駅で唯一、東京都且つ武蔵国外にある駅となっている。

駅構造

下り島式1面2線、上り単式1面1線の複合2面3線の地上駅。

乗り場方向行き先備考
1・2東行草薙新清水方面1番乗り場は待避線。
3西行音羽町新静岡方面

利用状況

  • 2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員は2,498人である(静岡県統計書より)。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度2,030人
2009年(平成21年)度1,925人
2010年(平成22年)度1,651人
2011年(平成23年)度1,685人
2012年(平成24年)度1,781人
2013年(平成25年)度1,930人
2014年(平成26年)度2,097人
2015年(平成27年)度2,231人
2016年(平成28年)度2,477人
2017年(平成29年)度2,396人
2018年(平成30年)度2,498人


静鉄長沼工場

現在、静岡鉄道の車両はJ-TREC(旧・東急車輛製造)に発注しているが、静鉄ではかつて、自社の路線で使用する車両を自社で製造していた実績があり、その製造拠点こそがここ長沼工場である。
静清線の車両では、クモハ21+クハ21形、クモハ300+クハ300形などが当工場で建造されたが、軽量化を重視するあまり車体の外板が薄かったこともあり、全体に老朽化が早く、後に福井鉄道へ譲渡されたクモハ300+クハ300形(福鉄では0.5M0.5T化改造を施されモハ300-1+モハ300-2形となる)を含め、長期間使用された車両は少なかった。また冷房車も、前述のクモハ300+クハ300形が福鉄へ譲渡された際に冷房化されたほかは、1両もなかった。

長沼駅(東京都)

1925年(大正14年)開業、1990年(平成2年)10月27日に高架化。
尚、稲城長沼駅が武蔵長沼駅と名乗らない背景には当駅がある為(どちらも東京都且つ武蔵国である)。
区間急行・快速・各停が停車する。

駅構造

相対式2面2線の高架駅。

乗り場路線・方向行き先
1京王線高尾線下り北野京王八王子高尾山口方面
2京王線上り調布新宿方面

利用状況

  • 2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員は4,034人である。


利用状況比較表

年度乗降人員
2008年(平成20年)度4,437人
2009年(平成21年)度4,333人
2010年(平成22年)度4,208人
2011年(平成23年)度4,096人
2012年(平成24年)度4,062人
2013年(平成25年)度4,098人
2014年(平成26年)度4,027人
2015年(平成27年)度4,148人
2016年(平成28年)度4,143人
2017年(平成29年)度4,211人
2018年(平成30年)度4,100人
2019年(令和元年)度4,034人


関連タグ

日本の同名駅一覧
長沼駅(静岡県)
静岡鉄道 静岡清水線 静岡県内の駅一覧
長沼駅(東京都)
京王電鉄 京王線 多摩地区にある駅一覧

関連記事

親記事

日本の同名駅一覧 にほんのどうめいえきいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「長沼駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました