ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

設定

種族入道(見越入道)
出演作品東方星蓮船 Stage3ボス ダブルスポイラー LEVEL5ターゲット 東方心綺楼東方深秘録東方憑依華 プレイヤーキャラ・ボス 東方茨歌仙
二つ名大山鳴動の大入道
能力形や大きさを自在に変える事が出来る程度の能力

概要

雲山立ち絵 表情差分

桃色のの体でできた入道の妖怪。雲で覆われた人間の老人男性のような頭と、人間と同じ形の拳を持ち、それ以外の体のパーツを現したことはない。

ちなみに顔のデザインは、雲ゆえか初登場の『星蓮船』内でも立ち絵と弾幕時の2つの場面でデザインが大きく異なっており、安定していない。


「入道を使う程度の能力」を持つ入道使いの妖怪雲居一輪に使役される形で登場。一輪とは常にコンビを組んでおり、弾幕勝負も彼女の弾幕の一部として参加している。雲山単体では出演していない。


見た目通り男性(?)であり、東方Project作品では森近霖之助に続いて史上二人目の、公式イラストを持つ男性キャラクター。そして、シリーズ史上初『正式に』弾幕ごっこに参加した男性キャラクターでもある。

※ 旧作の玄爺もゲームには参加しているが、当時はスペルカードルールが制定されておらず、『非想天則』の大ナマズは雲山より先に弾幕ごっこをしているが正式に参加したと言えるかは微妙。


普段の雲山は一輪と共に命蓮寺で暮らしており、人間の頭と同じか少し大きめのサイズになり、頭部のみで浮いている。一方戦闘時は動き回る一輪の横について拳やビームを飛ばし、巨大化してゲーム画面を覆い尽くす。


一輪とのペア性は作中での表記である「 雲居一輪&雲山 」にもみられており、作中で人数などをカウントする際には雲山も一人分としてカウントされる。例えば『憑依華』の自由対戦モードにおいて任意の完全憑依コンビを構成した際に形成される二つ名での人数の表記にそれがみられ、雲居一輪&雲山とその他一名以上のペアによる完全憑依コンビの二つ名の名称は「~三人/ ~trio」(または「~四人 / ~quartet」)となる。


バックストーリー

東方求聞口授』にて、一輪との出会いが明らかとなった。

それによると雲山の正確な種族は、数ある入道の中の見越入道とのこと。最初は足元だけ見える僧侶として現れ、顔を見ようとして見上げようとするとどんどん巨大化し、最後には相手の首を切り落としてしまうという恐ろしい妖怪である。


雲山は一輪と出会うまで普通の見越入道として人間を喰らっていた。その頃人間でありながら肝の座っていた少女・一輪は、人喰い妖怪の雲山に一泡吹かせてやろうと考え、雲山に会いに行った。足元しか見えない僧侶が現れると「ははーん。出たわね?」と余裕たっぷりに構え、顔を見上げないよう用心しながら「見越入道、見越したぞ!」と見越入道を撃退する呪文を叫ばれ、雲山は敗北。

本来はこれで妖怪退治は解決、入道は消える筈なのだが、完敗したショックと肝の座った少女に感服した雲山は、一生彼女を守っていくと覚悟したのだった。そして雲山がそばにいることで一輪は妖怪を怖れなくなり、時に人間に嫌われ、いつしか彼女自身も妖怪になる波乱万丈の人生を歩ませる事となる。


それから千年以上一輪と共に過ごしており、地底世界に封印された経緯もある。古明地こいしとはこの時に面識があり彼女からは「見越入道のおじさん」と呼ばれている。ちなみに、目の前に居て話し掛けられている状況でも一輪が認識する事ができなかったこいしを、雲山は「目の前に誰か居る」と言う形で察知出来ていた。


現在の雲山は、見越入道を廃業したらしい。そのため人間を襲うことは無く、人間友好度は高い。そして彼もまた、千年前から聖白蓮を慕う者の一人である。

上記の経緯から年齢が千歳以上確定であるにもかかわらず二ッ岩マミゾウから若造扱いされた。


性格

頑固親父だが、無口。まさに「時代親父」である。

しかし根は優しく、曲がったことが嫌いで正々堂々としている者を好むようだ。

一輪さんと雲山さん一輪

一輪曰く「雲山が嘘を吐く筈が無い」。義理堅いが頭も固いので、そこは要領のいい一輪がうまく制御している。


『星蓮船』『心綺楼』では一輪に通訳してもらう形で霊夢たちと話しており、直接の台詞が無い。だが別に喋れないわけではなく、ただ単に声が小さいだけ。……らしいが、豊聡耳神子にも喋らないのかと言われているほどである。性格は意外とシャイ(きゃら☆めるインタビュー。ZUN談)。東方キャラの中ではかなりの萌え設定である。

一輪が通訳した台詞によると、強い者に敬意を表し、弱い者いじめを咎める、誠実な人物である事が窺える。


能力

形や大きさを自在に変える事が出来る程度の能力

自身の体を膨張・縮小させることができ、さらに頭と拳は一度にいくつでも作り出せる。拳で敵を殴りつけているので雲は硬質化できるようだ。雲の体らしい能力だが、体の色を変えることが出来ないため、他人を騙す目的で化けるといった真似は出来ないようだ。しかし能面を実物大で形作るという細かい事は出来るので、器用ではある様子。

体の雲から電気を発生させることも可能。


弾幕アクション作品では形状変化によって白蓮の所持する魔人経巻が展開されている状態のような形になる事も出来、一輪との立ち絵などにその姿が見られている(例えば『深秘録』)。巻物の端には変化前の雲山の腕がそのまま残っているなど雲山の変化ならではの特徴もある。ただし先述のように体の色を変えられないためか魔人経巻のカラフルな色合いについては再現されておらず、雲山のボディカラーのまま。

木魚や鐘を打つ一輪のためにそれぞれの仏具の即席の台座になったりもする(このときの雲山は先述のような頭部のみの状態)など、愛嬌のあるアクションも多彩にみられている。


弾幕

弾幕勝負時は、スペルカードのほぼ全てを彼が担当。

イラリクでグリマライズ その4

形や大きさを自在に変える事が出来る程度の能力を利用して、拳と顔を巨大化させ、拳で自機キャラクター目がけて殴りかかる・目からレーザーを発射するとやりたい放題な攻撃を行う。果てには分身してみたりと、初見でド肝を抜かれた人も多いのではないだろうか。

時代親父大目玉拳骨スマッシュ

ダブルスポイラー』で出演した時は、顔と拳も撮影対象に入っていた。撮影されると拳は消えるが、顔は消えない。


『心綺楼』では、ラストワード「華麗なる親父時代」でプレイヤーが雲山を操作する事が出来る。

この『心綺楼』をはじめ弾幕アクション作品では一輪のモーションに合わせて拳を突き出したりガードをしたりと、先述の一輪の「入道を使う程度の能力」との連動とも見ることもできる活躍を見せる。一輪だけでの格闘や光輪での射撃なども存在するが、画面いっぱいに広がる多彩な雲山のアクションは一輪と雲山のペアにとって重要な弾幕構成である。『深秘録』や『憑依華』などでは一輪たちが関わった別の都市伝説(八尺さま)がラストワードやオカルトアタックなどの一部の弾幕構成を代わることがあるが、通常弾幕戦やスペルカードなどでは雲山の力が引き続き存分に発揮されている。



戦闘能力

相方の一輪を護りながら戦う一風変わった戦闘スタイルを持つ。雲山は単体でも強力な妖怪であり、その強さは彼が護っている間の一輪を狙っても勝ち目がなく、そして雲山には最初から手が出せないと言われるほど。

雲山がアクションする際、一輪は手に持っている金輪を掲げたり、殴りかかる雲山と同じポーズを取ったりする。これの詳細は不明だがこの動作により一輪は雲山を操っている可能性がある。


二次創作

単体イラストも無い事はないが、大半が一輪といっしょに描かれたイラストである。

普段女の子以外を描いた事の無い絵師が描こうとするからなのか、それとも単に男性キャラクターであるからなのか、雲山の絵はとにかくネタ絵が多いのが特徴。

もちろん本気イラストもある。しかし妙齢の男性キャラの姿をしているうえ、もはや人外と言える造形をした雲の体なので、描き手の技術が試されるキャラである。


原作での雲山は頭と拳以外を出した事が無いのだが、二次創作のイラストでは、腕や肩、胸、下半身まで追加される事が多い。ちなみに雲山には耳が無い。

デザインは、極端なデフォルメから写実的なものまで、比較的自由に描かれる事が多い。

形を自由に変えられる能力を活かして、女体化させてみたり。


関連イラスト

一輪&雲山一輪さんと ちっちゃ雲山

雲山どっちの雲山ショー


関連タグ

原作関連

東方Project

東方星蓮船

東方心綺楼

東方深秘録

東方憑依華

東方茨歌仙

雲居一輪

命蓮寺

雲居一輪&雲山

八尺さま


二次創作関連

イラスト・デザイン関連

雲山の存在感

ディフェンスに定評のある雲山


雲関連

入道

入道雲

スタンド


雲仲間(?)

くもじい

ギズモ

筋斗雲

関連記事

親記事

雲居一輪&雲山 くもいいちりんあんどうんざん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12406744

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました