ピクシブ百科事典

霹靂一閃

へきれきいっせん

霹靂一閃は、漫画『鬼滅の刃』に登場する戦闘法である“全集中の呼吸”の一つ“雷の呼吸”の型の一つ。
目次[非表示]

概要

鬼殺隊の隊士が人食い鬼と戦うために使用する戦闘法・全集中の呼吸の一つである雷の呼吸における全ての基本の型であり、作中の主要人物である我妻善逸が唯一使える型。

神速の踏み込みからの居合い一閃。人間には無論の事、鬼の目ですら捉えられず、ただ腰の柄に手を置いた善逸が瞬間移動したようにしか見えない。
善逸は己の才覚と修練の全てをこの技の研鑽に費やした結果、天剣絶刀の威力と雷光の疾さを誇るに至っている。

派生技

本来なら雷の呼吸の型は六つ存在しており、彼が習得できたのはこの壱ノ型のみだが、この唯一会得した壱ノ型を極限まで鍛え上げて、更なる独自の発展技へと昇華させており、所詮同じ技だと高を括って挑んできた相手ことごとく斬り伏せられている

  • 壱ノ型 霹靂一閃 六連(へきれきいっせん ろくれん)

霹靂一閃六連


直線軌道の霹靂一閃しか習得できなかった善逸が、鬼を滅する為に己で導き出した答え。
一閃を六連続で放つ事で、鬼の認識外からの攻撃や、複数対象への同時攻撃を敢行する。
超速度の連撃により発される“六”回の踏み込み音は、超越生物である鬼の聴覚をもってしても“壱”に重なってしか聞こえず、あたかも雷鳴のような轟音として鼓膜を揺さぶる。

  • 壱ノ型 霹靂一閃 八連(へきれきいっせん はちれん)

我妻善逸


無限列車での任務後、厳しい特訓を経て習得。
人の手には届かないモノを前にして尚、最後まで立ち塞がり続けた熱く強い生き様を知った善逸が、更に前へと進む為に編み出した。
託されたものは未だ遥か彼方。だからこそ更に二歩、踏み出す。

  • 壱ノ型 霹靂一閃 神速(へきれきいっせん しんそく)

壱ノ型


善逸の切り札
真に神なる疾さによって、手には届かないモノに『あるいは』触れんとする一足。
“疾さ”はそのまま居合の一閃にも上乗せされる(単位時間当たりの刃の触れる長さが延長される)為に、切断力そのものも大きく向上する。また、超速度=極大の運動エネルギーを生じる事になるが故に、拘束状態からの緊急脱出にも活用可能である。
しかし、善逸の身体にかかる負担も尋常なものではなく、一度の戦闘では基本的に二回までしか使用できない。特に脚を想像を絶する程に酷使する為、二回使用した後は傍目にも脚の“変形”が分かる程に重度の骨折を起こしてしまう。
もしもこの技をもってして鬼の頸を落とせなかった場合は、当然ながら善逸の死を意味する。

究極型

  • 漆ノ型 火雷神(ほのいかづちのかみ)
【手描き】音偽バナシ【鬼滅の刃】


原初雷神の一柱。そしてまた、黄泉に墜ち死の神となった生命の祖神の体から生まれ、日の神が治めしを守護し恵みをもたらす鬼神にして豊穣神を意味する。

善逸が修行の果てに独自に編み出した、漆(七)番目の型。
基本は霹靂一閃と同じ「強烈な踏み込みによる突撃から放つ居合斬り」だが、攻撃力・速度共に霹靂一閃及びその発展技の比ではない。要するに霹靂一閃を更に昇華させた上位互換技である。
体を思いっきり前のめりにして刀を完全に振り切っており、雷の龍のようなエフェクトが現れている。
速さは神速から更に強化され、相手の認識を超えた超高速で突進しながら斬撃を繰り出す。

斬りふせる外道の悲鳴さえも雷鳴の轟の中に掻き消すその幻影は、まさに雷神。

関連タグ

鬼滅の刃 全集中の呼吸 雷の呼吸
ひとつのことを極め抜け 続かないと霹靂一閃 
居合 居合い 抜刀術

関連記事

親記事

雷の呼吸 かみなりのこきゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「霹靂一閃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 437642

コメント