ピクシブ百科事典

鬼切丸の少年

おにきりまるのしょうねん

鬼切丸の少年は、楠桂による日本の漫画「鬼切丸」及び「鬼切丸伝」の主人公。
目次[非表示]

おれに名前はないんだ・・・
ただこの刀が鬼切丸と・・・

CV:草尾毅

概説

鬼切丸」という唯一鬼の肉を断つ刀を持つ名無しの少年の姿をした鬼。
神器名「鬼切丸」を手に持ち、同族殺しを天命とする。作中では「少年」「鬼切丸の少年」「鬼切」「鬼切丸」「鬼切丸さま」と呼ばれる。
作中では、「名無しの少年の姿をした鬼」とされているが、「鬼切丸」の出版社である小学館編纂協力によって、項目の作成が行われている「マンガペディア」の「事典コンテンツにおいては、正式名称は「鬼切丸の少年」とされている。また、「鬼切丸」の前日譚である「鬼切丸伝」と「真・女神転生IMAGINE」とのタイアップイベントにおいては、「鬼切丸の少年」と公式表記されている。他にOVA版においても、「鬼切丸の少年」と公式表記されている。作者からも、「鬼切丸の少年」と公式表記されている。舞台、「鬼切丸伝~源平鬼絵巻~」においては、「鬼切丸」と呼称されている。「鬼切丸伝」においては、「鬼切の者」「鬼切の少年」と呼ばれる。また、他の鬼からは「同族殺し」などと呼ばれる。

黒髪美少年で、武士社会では髪を束ねて髷にして、近代社会では髪を短くそろえて学ラン軍服などその時代でもっともありふれた制服を好んで着用している。

平素は寡黙で気配が薄く、誰とも関わり合おうとはしない。
しかし鬼に縁を持った人物の周囲に不意に現れ、その人物に警告や忠告を発するようになる。
基本的に誰にも敬語は使わないが、生真面目で真摯な態度を通す。
また鬼に対しては挑発的な発言が多く、共闘した相手からの皮肉にユーモアを交えて返すなど、根っからの堅物というわけではない。

第一作では作中でも最強クラスの戦闘力を有し、『鬼に対する鬼札』として一刀の下に鬼を斬り伏せる。
生命力も不死身の領域に達しており、どう考えても死んだと思える事態でも、最終的には復活を遂げる。
ただし自身も鬼であるため、鬼除けの結界や鬼門封じの呪いには近づくことが出来ない。禁呪道や陰陽道などの呪術にも詳しくないため、そうした搦め手を使う相手には苦戦を強いられることもある。
最大の弱点は人間が斬れないことで、人間を人質に取られて盾にされると防戦一方にされてしまう。

「鬼を切る」ことに並々ならぬ執念を抱いており、鬼ゆえに嘘は付けないが騙し討ちに取ることはある。
ときにその結末がいかに残酷であろうと、人から鬼の魔縁を絶つために汚れ役さえ厭わない。
その生き様は頑なでありながら、どこか悲壮で居た堪れないものを漂わせる。


※ネタバレ注意

長らく出生については謎が多かったが、『鬼切丸伝』にて酒呑童子を討伐するために神が尼僧の胎に宿した鬼子であることが語られた。
当初は母を守り切れず酒呑童子に食わせた人間を侮蔑していたが、時代と共に人と鬼の関わりを見続けたことで、第一作の落ち着いた性格に至った模様。
それ以前は荒っぽく頑なな面が強く、「人は救わない」「自分は鬼を斬るだけ」と、人間に対して長く蟠りを抱えながら鬼切丸を振るい続けていた様子。



関連イラスト

【C90】創作新刊サンプル
C92オリジナル裏鬼切丸伝新刊


コミックシティ大阪109裏鬼切丸伝新刊サンプル
夏コミ創作新刊


舞台関連イラスト

無題


「楠桂/春コミ大阪3号館セ64b」のプロフィール - pixiv

鬼切丸伝 - pixivコミック 無料連載マンガ

外部リンク

楠桂と大橋薫のHP

HP内イラスト

  1. 少年サンデーコミックス「鬼切丸」17巻表紙イラスト
  2. 少年サンデーコミックス「鬼切丸」17巻 裏表紙イラスト
  3. 「さわやかな鬼切丸の少年」

漫画

同人誌画像

直筆サイン色紙

舞台

動画

Twitter

ブログ

Facebook


関連タグ

漫画 演劇 オムニバス
ホラー 怪談 オカルト 鬼退治 時代劇
楠桂
少年サンデー pixivコミック
髭切 人外
愛憎 諸行無常

関連記事

親記事

鬼切丸 おにきりまる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼切丸の少年」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 164

コメント