ピクシブ百科事典

魔星大将軍

ますたーだいしょうぐん

魔星大将軍とは 『新SD戦国伝~超機動大将軍~』に登場するキャラである。
目次[非表示]

概要

飛駆鳥大将軍を支える副将軍。伝説の大将軍編で頑駄無軍団を率いた轟天頑駄無の弟で、轟天の娘を母とする飛駆鳥と號斗丸とは叔祖父と又甥の関係になる。
羽織物を纏い、二刀剣を操る武術の達人で、大将軍の息子の剣術の指南役として活躍。大将軍からの信頼は厚く、その武勇を尊敬する者も多い。風雲再起という名前の馬を操る。

闇の大将軍


飛駆鳥大将軍を石化させ、頑駄無軍団を掌握、民衆を苦しめていた。魔界の者と結託して天宮の国を支配しようとしていた真犯人。
その理由は、本来は兄が引き継ぐはずだった天宮国主の座を新世大将軍とその血族(すなわち:武威一族)に奪われた(と勘違いして抱いた)強い怨みと【天宮の国を復興させてきた 兄の恩恵を忘れてしまう民】に危機感を抱いていたからである。
劇中でも『俺は、天宮の正統なる後継者・・・・轟天頑駄無の弟だ!!』と怒り混じりに號斗丸に打ち明けている。
漫画版ではそうした不安感を抱いていた設定は無く、轟天の後を継ぐために新生闇軍団と戦っていたが、上述の理由で叶わなかったという設定(つまりはただの逆恨み)になっている。
闇の三羅将の力を受けると【闇獣装の陣】を発動させ、自身を【魔星大将軍】と称した。
この際、武零斗頑駄無に扮していた飛駆鳥大将軍の怒りに触れるが『今すぐ反乱をやめ、大将軍の名を返上するならば頑駄無軍団に戻ることを許そう』と言われる。しかしこれを拒絶、天鎧王を乗っ取り【覇道大将軍】と名乗り、號斗丸に最後の戦いに挑み、そして共に消滅した。
しかし彼には武羅星頑駄無という息子がおり、新たな戦乱の火種となる。

また「機動武者大戦」では味方となって號斗丸達と共闘した事もある。

ムシャ戦記~光の変幻~」にも三羅将共々闇の力によって復活を遂げる。この時の彼の顔の一部は醜悪な姿に変貌している(ボンボン本誌でも改造作例が掲載されている)。 
武者ウイングゼロの弱点を突いて戦闘不能にするなどして武者達を苦戦させるが、烈士隊の危機に駆けつけたファーストガンダム大将軍の前に敗北、頭部だけの状態で生き延びるも天魔大帝降臨のための生贄にされてしまった。
尚、闇獣装の陣を使わずに武者達を圧倒、かつ大将軍とも互角に渡り合っているなど実力は確かだ。

ちなみに

モチーフは名前の通りマスターガンダム。だが軽装形態はクーロンガンダムと、モチーフとなったMFの乗り手が使用した機体を使用している。
覇道大将軍はデビルガンダムがモチーフである。

関連項目

超機動大将軍

関連記事

親記事

超機動大将軍 ちょうきどうだいしょうぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔星大将軍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2721

コメント