ピクシブ百科事典

92式メーサータンク

きゅうじゅうにしきめーさーたんく

平成ゴジラに登場するメーサー車
目次[非表示]

データ

型式名:DAG-MBT-MB92
全長:16メートル
重量:85トン
走行速度:時速70km
動力:空冷・水冷併用2サイクル2気筒ディーゼルエンジン
所属:陸上自衛隊・Gフォース


ゴジラVSビオランテ」~「ゴジラVSデストロイア」に登場

概要

[バトルスピリッツ]92式メーサー戦車


ゴジラVSビオランテより登場した対ゴジラ兵器。84年のゴジラ上陸に際し、既存の兵器が殆ど通用しなかった為、元はナイキパトリオットの代替を目的とした防空兵器であったメーサー砲を、ハイパワーレーザービーム車を元に戦車として再設計。5年の間に陸上自衛隊に配備された。昭和のメーサー殺獣光線車と違い自走できるのが特徴。形式番号トップの"DAG"は"Defensed Against Godzilla"対ゴジラ用防衛兵器であることを示す。このコードを持つ他の兵器は他にスーパーX2スーパーXⅢ96式冷凍レーザータンクの三種のみ。
武装はパラボラ部から発車するメーサービーム。劇中ではゴジラにはまるで効果が無いが、モスラ幼虫にはそれなりに打撃を与えている。
これらメーサー兵器の配備が諸外国から、「日本の軍備増強だ!」と非難轟々だった為、国連所属の「Gフォース」が結成された一因となった。

Gフォース仕様(VSメカゴジラに登場)

92式メーサータンク(Gフォース仕様)


Gフォース結成に伴い、陸自に配備されていたものがそのまま所属変更になった(自衛隊に配備されたままの物も多くある)。色とマーキング以外は性能に変わりはない。Gフォース独自の仕様として、囮用の無人74式戦車の操縦装置を搭載しており、これ以降、高価なメーサー兵器の損耗と人的被害が大幅に抑制されただろうことは想像にかたくない。

92式メーサー戦車・改(VSデストロイアに登場)

92式メーサー戦車


デストロイア用に、超低温レーザーを撃てるように装備を換装しており、背部に冷凍弾を装填したミサイルランチャーを増設している。終盤ではバーニングゴジラの冷凍の為に、陸自の予算を使いきって出撃できる機体全てが出動し、スーパーXⅢ96式冷凍レーザータンクと共にデストロイアに止めを刺した。

pixivに投稿された作品 pixivで「92式メーサータンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14640

コメント