ピクシブ百科事典

DB10

でぃーびーじゅう

DB10とは機械につけられる型番である。
目次[非表示]

DB10とは
 
 1.アストンマーチン製のコンセプトカー、映画007『スペクター』のボンドカーとして製造 本項目で説明

 2.鉄道省が製作したディーゼル機関車。本項目で説明

自動車の方のDB10

アストン・マーチン DB10


 自動車の方のDB10は1913年創業のイギリスの自動車メーカー「アストンマーティン」が製造した車である。DB10は2015年公開の映画「007 ~スペクター~」の劇中に登場するボンドカーとして十台のみ製作され、10台のうち8台は実際に映画の撮影に使用された。市販はされなかったが映画の公開に合わせ本車を再現した「DB9 GTボンド・エディション」が150台限定で販売された。

 

AstonMartin DB10



ディーゼル機関車のDB10


 DB10とは戦前日本鉄道省で初めて製造・量産された50馬力級ディーゼル機関車である。
1932年に計8両が製造され、様々な用途(とはいえほとんど入替)に使われた。
蒸気機関車のようなロッドで前後の動輪を結んでいるが、古いタイプのディーゼル機関車ではエンジンの回転力を一軸だけに伝達し、他の動軸にはロッドで伝達するという方式が良く用いられており、DB10の場合もその一例。
この方法には伝達機構を簡単にできるメリットがあった。
逆転機から車軸へはローラーチェーンで駆動されていたが、これも当時の気動車で二軸駆動を実現しようと用いられた方法でもある。
外観は無骨な鋲接構造の凸型車体を持ち、1エンド、2エンドで形状が違うのが特徴。

初の量産国産ディーゼル機関車という事もあり、傑出した性能は持っていなかったが各地に分散配置され、入替仕業に就いた……ものの、当時の内燃機関車両の例にもれず支那事変日中戦争)以降の燃料統制で休車に追い込まれ、戦後間もない時期に全車廃車された。

小型二軸機関車 ドット絵




関連タグ

ディーゼル機関車 アストンマーティン 007 ジェームズ・ボンド

関連記事

親記事

交通 こうつう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「DB10」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 617

コメント