ピクシブ百科事典

EZ_DO_DANCE

いーずぃーどぅだんす

Ez Do Dance Ez Do Dance(ポゥ↑) 踊る君を見てる(ポゥ↑)

概要

1993年6月21日に発売されたtrfのシングル。作詞・作曲:小室哲哉

この頃は小室がTM_NETWORKも活動終了を控え本格的にプロデュース業に力を入れ始めた時期で、当時自身の手がけた曲では最高の78万枚を売り上げ、後の小室ファミリーを生み出すターニングポイントとなった。
また後にglobeのボーカルとなるKEIKOが無名だった頃にオーディションで歌ったのもこの曲で、何かと小室とは因縁の強い曲だったりする。

曲調はまだジュリアナ東京が現存していたバブル期の残り香漂うレイブサウンド全開のディスコチューン。言わば当時の流行をそのまま反映した曲で、ジュリアナもヴェルファーレもない現在では完全に時代錯誤で当時の古き良き時代を懐かしんだり当時の音楽背景を知るに過ぎない曲である。





…はずだった。
まず、2013年に同グループが発売した「trfエクササイズ」の三種類あるディスクの一つの看板曲として取り上げられ、予想外にヒットした事から必然的に曲も知れ渡るようになった。
さらに、2014年に大きいお友達からも人気の高いアニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」でPrizmmy☆がカバーした事から若年層のプリリズおじさんにも曲が認知されるようになったのである。
だが、これでも知れ渡る層はかなり偏っており全体的とは言えなかった。

一番事態を揺るがすきっかけとなったのは、2016年から公開された上記アニメのスピンオフ作品、KING OF PRISM by Pretty Rhythm」。K.O.P. REMIXという現代風のアレンジとして生まれ変わり、肝心の同曲はが使われた場所は本編のクライマックスというかなり重要なシーン。
同作が社会現象とも言うべき爆発的ヒットを記録した事から、ネット全体でも「EZ DO DANCE」の存在が広く知れ渡って行き、原曲発売〜映画公開まで実に23年もの歳月が経っているため若くして「キメた」人の中にはキンプリのオリジナル曲だと誤認している人もいるほどである。
ちなみに同曲をカバーしている大和アレクサンダー役の武内駿輔(1997年生)は原曲が発売された頃は生まれてすらいない。

また誤解されがちだが、

キンプリのカバーでは
Ez Do Dance(ポゥ↑) Ez Do Dance(ポゥ↑) 踊る君を見てる(ポゥ↑)
        ↑ここにも掛け声が入っているが

原曲は
Ez Do Dance Ez Do Dance(ポゥ↑) 踊る君を見てる(ポゥ↑)
      ↑ここに掛け声は入りません。

trfのライブでは思いっきり観客も掛け声を入れているが…

関連タグ

trf 小室哲哉 小室ファミリー ディスコ
プリティーリズム・レインボーライブ Prizmmy☆ 森久保祥太郎
KINGOFPRISMbyPrettyRhythm 仁科カヅキ 大和アレクサンダー 増田俊樹 武内駿輔
ジェネレーションギャップ

pixivに投稿された作品 pixivで「EZ_DO_DANCE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47436

コメント