ピクシブ百科事典

F.ノバルティス

えふのばるてぃす

ノバルティス博士とはゲーム「軌跡シリーズ」の登場人物である。

CV:真殿光昭

概要

身喰らう蛇の最高幹部《蛇の使徒》の一人である第六柱。結社の技術ネットワーク「十三工房」の責任者。通称博士。
知的好奇心旺盛なマッドサイエンティストで自らの知的欲求のためならどれだけの犠牲を問わない危険人物。どこか子供っぽいところがある。
嫌われ者のワイスマンとは何かと交流があったらしい。彼の死後も言及する発言があったのでさほど悪感情は抱いて無い様にみられる。
ワイスマン同様あまり人望のない人物らしく周囲からは悪趣味と称されている。
技術の応用にかけて天才的な能力を持つがどう凄いのかにつていは謎が多い。

ローゼンベルグ工房の長、ヨルグ・ローゼンベルグの元弟子だが彼のゴルディアス級計画を勝手に奪って更には人体実験でおびただしい犠牲者を出したことから彼からは嫌われており結果的にローゼンベルグ工房の組織脱退の話が上がるほど。
その結果完成したのがパテル=マテル及びアイオーン級である。

また人間をはじめとした生命体も自らがつくる機械のパーツと見立てており優秀な人間を見付けるとスカウトするいろいろと物騒な一面も。

初登場は空3rd(声だけ)だが本格的な登場は碧の軌跡から。閃の軌跡Ⅲにも名前だけ登場。
またシリーズ最新作の創の軌跡に登場が決まってる。

関連タグ

身喰らう蛇 蛇の使徒 パテル=マテル

関連記事

親記事

蛇の使徒 あんぎす

兄弟記事

コメント