ピクシブ百科事典

ありまこ

ありまこ

ありまこ(まこあり)は「ドキドキ!プリキュア」における四葉ありすと剣崎真琴のカップリングである。  「あとから来た私があなた達のようになれるかどうか分からないけど。でも、私もなりたい。あなたたちと親友に」   「わたしも同じ気持ちですわ。もっと皆さんと仲良くなりたい。心からのお友達に」(10話より)
目次[非表示]

概要

【ほこたて】
立場上、騎士とお嬢さまの関係である為に一定層に確かな人気がある。

普段四葉ありす(キュアロゼッタ)と剣崎真琴(キュアソード)の2人はあまり絡むことがなく、そういったイラストはあまり投稿されていなかった。

しかし、13話のラストで普段相手を褒めることがない真琴がありすの奮闘っぷりを素直に褒めたことで、ありすが照れて顔を赤らめるという二人の明確な絆が描かれた。
「すごいねっ」

その前の12話では、イーラビーストの足を受け止める際に二人とも物凄い顔になった。
※尚、ありすの方が怖い。

36話の戦闘シーンでは、ジコチューの攻撃を受けそうになったソードをロゼッタが抱きかかえる形で助けに入り、顔が近い位置で微笑みあうシーンがあった。
「ありがとう」
「お気遣いなく」

19話、28話など、画面の端で仲睦まじくしている事が多い為、隠れCPとされている。

40話において、プリキュアメンバー全員で真琴の作曲のお手伝いをした。
ありすがピアノで伴奏を行い綿密に打ち合わせを行っていたようである。

14話において百人一首の特訓の際、ありすと真琴は対局している。
敗北した真琴は頬を膨らませて怒る
勝利したありすは万歳で歓喜のポーズを取っている。
両者ともに珍しい反応が見てとれた。
この時のありすが見せた表情というのは "この記事は四葉財閥によりクシャポイされましたわ"

41話において、五星麗奈がありすの花屋の営業を妨害した際にも真琴は膨れている。
「お花屋さんって、花と一緒に愛も届けているのかもね」


幼馴染として十年近くを過ごしてきた相田マナと菱川六花の絆は固い。
そんな二人をずっと見守ってきた幼馴染のありす。
そして二人の強い絆に憧れを抱いていた真琴。
真琴とありすは自然と二人の一歩後ろを歩いていた。そんな事もあってか、彼女たちは互いにコミュニケーションを取る事が多かったようである。

『映画プリキュアオールスターズNewStage3 永遠のともだち』では、真琴はありすの尻に敷かれていた。

共通点

  1. 両者共に運動神経が高く、職業持ちである。(運動神経レベルは真琴が上の下に対し、ありすは上野上である。職業は真琴がアイドル、ありすが四葉財閥という巨大財閥会社である。)


関連タグ

ドキドキ!プリキュア 百合キュア
マナあり マナまこ マナりつ りつあり ダビまこ イラりつ イラマナ……ありまこ以外のドキドキ!プリキュアカップリング

pixivに投稿された作品 pixivで「ありまこ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 304739

コメント