ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※この記事は『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』の最終回のネタバレが書かれています。










孫よ!
……なぜ…ワシオマエが…、
「「おじいちゃん」と「」として…、
この世界で出会うコトができたのか…。
…わかるか…?

それはな…。

おばあちゃんがいたからじゃ…!










この記事で紹介するおばあちゃんは、絶体絶命でんぢゃらすじーさんの登場人物のおばあちゃんである。

概要

その名の通りこの漫画の主人公じーさんのであり、孫の祖母
『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』最終回『でんぢゃらすじーさんじゃっ!』(単行本第20巻収録)で、その存在が明らかになった。

出会えていたのが桜の木の下だったら


既に故人であり、じーさんとは本編から11年前に死別している。
彼女のお墓は、孫がの中で見たの木の下にあり、その場所は、じーさんと初めて出会った場所でもある(ちなみにじーさんは、孫はお墓を見つけた一ヶ月前から思い出巡りの旅に出ていて、おばあちゃんが寂しくないように自身の写真を置いていったのだが、そのせいで孫は、そのお墓がじーさんの物であり、じーさんが亡くなったと誤解していた)。
また、彼女の命日は孫にとって深い関わりがある(詳しくは後述)

人物

上述した通り、故人なので本編には登場しておらず、どのような人物だったのかは明らかになっていない。
しかし、じーさんが彼女と初めて出会った桜の木の下にお墓を建てていたり、ある人物がその桜の木に『じーさんにとって最高の思い出が詰まっている』と語っている所を見ると、彼にとってとても大切な存在であった模様。

容姿

敬老の日〜二人のおばあちゃんと二人の孫〜


(画像右の人物)
この話のラストシーン(後述)では顔しか出ていないため、容姿は不明。
画像の服装は、絵師の想像による物である。

余談

ミニコーナー『この本の中で作者が好きな話ベスト3!』では2位にランクインしており、作者は
もう何年も前から自分の中で「最終回はこう!」だと決めていて、それをかくコトができて本当によかったです!
とコメントしている。

関連タグ

絶体絶命でんぢゃらすじーさん じーさん 
祖母  死別 故人 最終回




















以下、感動のネタバレ




















上述したように、じーさんと彼女は離れ離れになったが、彼はおばあちゃんがいなくなったとは思っていなかった。
曰く、たとえ会えなくなっても、ずっとずっと繋がっている、それが家族なのだ。
そして最後に(関係ないかもしれないらしいが)ある事を明かす。

孫はおばあちゃんが亡くなったその日に魂が入れ替わるように産まれたという事を。
だから、じーさんは孫がいてくれるだけで、とっても幸せなのだと…。

その言葉に孫は涙を流すのだった…。











「家族」

「家族」はいなくなったりしない。
たとえどんなに会えなくても
はなればなれになっても
絶対にいなくなったりしない。

ーーーーーその、
ーーーーー気持ちこそが、

「家族」そのものだから………!!!

上述の言葉のバックには、
産まれたばかりの孫を抱えるじーさん、
そして、天国へ旅立ったおばあちゃんの姿があった…。





絶体絶命でんぢゃらすじーさん











































以下、笑撃のネタバレ








































こうして、『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』は幕を閉じた。
そこでじーさんは次回から始まる新しい漫画のタイトルを発表する。
そのタイトルは…

でんぢゃらすじーさん邪

孫「タイトルがビミョーにかわっただけだーッッ!!!

※ここから先のやり取りは、この話が単行本第20巻に収録された時に追加された。

じーさんと作者とゆーワケで『でんぢゃらすじーさん邪』ヨロシクねー♡

孫「結局つづくんかい!!!

関連記事

親記事

絶体絶命でんぢゃらすじーさん ぜったいぜつめいでんぢゃらすじーさん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「おばあちゃん(でんぢゃらすじーさん)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1559

コメント