ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

湯浅政明監督・サイエンスSARU制作によるアニメーション映画。脚本は前作『夜明け告げるルーのうた』でもお馴染みの吉田玲子。2019年6月21日公開。
千葉県を舞台に、消防士の青年とアマチュアサーファーの女子大生の情熱的で切ない恋の物語を描いた作品。
湯浅作品『DEVILMAN_Crybaby』でもキャラデザを務めた小島崇史が作画監督を担当。
メインテーマ『Brand New Story』(GENERATIONS from EXILE TRIBE)は作中でもある重要なカギを握っている。

上海映画祭で最優秀アニメーション部門受賞。

あらすじ

幼い頃からサーフィンが大好きな女子大生向水ひな子は、越したばかりのマンションがバカな動画配信者の失火により被災するも、地元の若い消防士雛罌粟港により救助される。
港は昔から、職場屋上からサーフィンをするひな子を「ヒーロー」と称し興味を持っていた。ひな子からサーフィンを教わるうちに、港は彼女のことが大好きになっていき、ひな子もまるでスーパーマンのように何もかもをこなしていく港に心惹かれていく。
誰もが羨む二人の仲は、ある雪雲が晴れた冬の日を境に一変する。

「波にのれるまで、何度でもオレが助けるよ。10年、20年…ひな子がおばあちゃんになっても」

登場人物

雛罌粟港(ひなげし みなと)

CV:片寄涼太
主人公(どちらかと言えばもう一人の主人公寄り)。千葉消防署の若きエース。
真面目で努力家であり、一度始めたことは絶対に諦めない。その性格ゆえに大抵のことはそつなくこなし、職場や市民からの信頼も篤い。
消防士を引退した後はカフェを営むのが夢なようで、料理コーヒーキャンピングの腕は抜群。
幼い頃に卵から還ったウミガメが懸命に海を目指す姿を見て感動したことから、海亀のマークを気に入ったものに入れる。
とある理由でひな子のことを勝手に「ヒーロー」と呼び、山葵と共に出歯…もといサーフィン見物をしていた。被災したひな子を助けたことで縁が生まれ、果てしないバカップルと化していったが…。

向水ひな子(むかいみず ひなこ)

CV:川栄李奈
主人公(ヒロイン)。千葉のとある大学で学ぶ海洋学科の学生。
幼い頃から大のサーフィン好きで、愛用のオレンジ色のサーフボードにはスナメリの絵が入っている。好物はオムライスだがうまく作れずにいる。
底抜けに明るくドジでお気楽な性格だが、サーフィン以外のしたいことも見つけられずに茫漠とした日々を送っていた。
火災から救助されて以来港に惹かれ、周囲から殺意が湧くほどに熱愛カップルとして幸せな日々を送っていたが…。
終盤では自分が過去に【ネタバレになるので伏字】したことを知り、港のように人を助けられる道を目指しライフセーバーの勉強を始める。

雛罌粟洋子(ひなげし ようこ)

CV:松本穂香
港の妹。女子高生。黒髪をしずかちゃんのような二つ結びにしている。
キツい性格で引っ込み思案だったため友達付き合いを苦に一時期不登校になっていた。
山葵とは不登校を辞めてからの腐れ縁。
あまりにもアレな兄と義姉(予定)の姿に「恋なんて阿呆のすること」と冷めた目をしている。

川村山葵(かわむら わさび)

CV:声優じゃない方の伊藤健太郎
港の後輩の新人消防士。
人懐っこい性格で愛想もいいが、要領が悪くドジでヘタレ
洋子とよく行動を共にしている。

余談

フジテレビ朝の情報番組『めざましテレビ』でやってる「紙兎ロペ」において2019年6月25日にコラボが行われた。ひな子と港は犬役で登場。

なお公開数週間前にも消防士を題材としたSFアニメ映画『プロメア』が公開されていたので、まさかの消防士被りとなっていた。

関連項目

アニメ映画 東宝 小学館

外部リンク

映画『きみと、波にのれたら』公式サイト

関連記事

親記事

湯浅政明 ゆあさまさあき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「きみと、波にのれたら」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「きみと、波にのれたら」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26607

コメント