ピクシブ百科事典

ゆめの町、ノビタランド

ゆめのまちのびたらんど

藤子・F・不二雄原作の漫画・アニメ作品『ドラえもん』のエピソードの一つ。
目次[非表示]

概要

初出は『小学四年生』1974年7月号。てんとう虫コミックス第3巻ならびに藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』第4巻に収録されているエピソードであり、1979年4月2日、テレビ朝日版第1期である大山のぶ代版アニメ『ドラえもん』が放映を開始した時に、その第1回に選ばれた記念すべきエピソードとして有名である。水田わさび版アニメでは2006年4月28日に放映され、2019年4月5日にもアニメ放映開始40周年を記念してリメイク版が放映された。

あらすじ

ローラースケートで遊ぼうにも、遊ぶ場所がないドラえもんのび太。さらに、しずかもお茶の会があるからと家を追い出されたと言い、そこで友達と空き地で遊ぼうとしても、空き地は工事の資材置き場になって遊べなくなっていた。

そこでのび太は、自分だけで自由に過ごせる家や町が欲しいと口にすると、さっそくドラえもんは「ポラロイドインスタントミニチュアせいぞうカメラ」を取り出し「ぼくらだけの家をつくろう」と言う。
このカメラで建物を撮影すると、その建物の細部まで再現したミニチュアができるのだ。さらに「ガリバートンネル」で小さくなると、そのミニチュアの家に住むこともできるようになる。

ドラえもんとのび太は町中の建物を撮影し、建物のミニチュアを自分の家の庭に並べて町を作る。そしてのび太が友達を誘ってみんなでガリバートンネルをくぐると、そこにはミニチュアの建物の並ぶ町が広がっていた。
ドラえもん達はこのミニチュアの町を「ノビタランド」と名付けてそこで自由に遊ぶが、のび太のママが庭に物置をつくるためにミニチュアの建物をどけてしまう。のび太から空き地を作る機械を出すよう頼まれたドラえもんは「土地だけはつくれないなあ」と困惑するのだった。

余談

1979年版には、ドラえもん達が指を鳴らしながら並んでノビタランドを行進するシーンが存在するが、これは映画『ウエストサイド物語』のパロディである。2019年版にも、電器屋のテレビに『ウエストサイド物語』の一シーンが放映される場面が存在する。

復活のW


また、原作版では安雄が登場していたが、1979年版では何故か帽子をかぶって頭の後ろで手を組んだ少年(アニメ版では名称不明、なおアメトーークのドラえもん芸人の回で脇あけ夫というあだ名をつけられた)に差し替えられていた。第2話からその容姿の少年は登場しなくなってしまった為、今でも謎の少年として度々話題になることがある。2019年版では、上記の安雄と共に夢の共演を果たした。

上記の「40周年」は、テレビ朝日版アニメが放送を開始した1979年から換算されている。日本テレビ版アニメを含めるとすれば、1973年から換算して46周年ということになる。

関連タグ

ドラえもん ドラえもんのエピソード一覧
伝説の始まり ガリバートンネル

関連記事

親記事

ドラえもんのエピソード一覧 どらえもんのえぴそーどいちらん

兄弟記事

コメント