ピクシブ百科事典

アオミノウミウシ

あおみのうみうし

アオミノウミウシは、ウミウシの一種。
目次[非表示]

概要

アオミノウミウシ【青簑海牛】は、ウミウシの一種。
分類学的には、裸鰓目ミノウミウシ亜目(Aeolidina)アオミノウミウシ科(Glaucidae)アオミノウミウシ属(Glaucus)で、
学名Glaucus atlanticus

世界中の温帯熱帯の海域に分布するが、特に大西洋(学名にも反映されている)のヨーロッパ沿岸や南アフリカ東岸・南岸、モザンビーク沿岸、オーストラリア東岸で見られる。体の大きさは、2~6cmほど。
同属の良く似た姿でより小さい体のGlaucus marginatusがあり、これは主に太平洋で見られる。

アオミノウミウシは、両手両足のようなヒレを全部広げると、どことなくトカゲのようなシルエットをしており、
和名は、その姿が昔の雨具であるに似ている所に由来し、
英語ではウミウシ(普通“sea slug”(海のナメクジ)と呼ぶ)ならぬウミトカゲ (sea lizard) などとも呼ばれたり、
その華やかな容姿から、sea swallow(海の), blue angel(青い天使), blue dragon(青いドラゴン)などの異称がある。
そのためか、ピクシブ上では擬人化モンスター娘化)も多く、また、そのドラゴンめいた姿から、ドラゴン系のクリーチャーのモチーフにした絵も幾つかある。

普段は海面に逆さまになって浮かんでいるが、表層域に浮かぶクラゲなどの有毒な刺胞動物を発見すると泳ぎ寄って捕食し、その刺胞を防御用に体内に蓄える。
小さな体・華奢な見た目に反して、特にカツオノエボシとその近縁種を捕食する。


参考画像

擬人化の例

アオミノウミウシ
アオミノウミウシさん……



ドラゴン系クリーチャー化の例

海中



参考サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「アオミノウミウシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36874

コメント